キヤニモモの種子をもらう!
こちらがもらった種です。

キヤニモモの種子

大きさは長いところで3cmくらいです。けっこう立派な種ですね。茶色い薄皮は、ためしにむいてみると、つるりときれいにはがれました。

キヤニモモの種子

中は真っ黄色でびっくり! なんだかイモムシみたいですね。あるいはイタリア料理のニョッキかな?

キヤニモモ(Garcinia xanthochymus)はマンゴスチンの仲間(オトギリソウ科フクギ属)です。言われてみればたしかに種も似てなくはない。マンゴスチンの種(写真はこちら)は、大きさは半分以下だし色は白ですが、形や、表面のシワ(湯たんぽみたいな模様)が似ています。


発芽にもマンゴスチンなみに時間がかかるのかと思いきや、なんとたったの10日で発芽しました! こちらが発芽直後(10月22日)の写真です。

キヤニモモの発芽

ずいぶんと変わった位置から芽が出てますね。

キヤニモモの発芽

ウミウシかなんかみたいです。


こちらはほぼ現在(10月28日)の様子です。

キヤニモモの発芽

黄色いフラミンゴ??

キヤニモモの発芽

マンゴスチンよりはぜんぜん生育が早そうですね。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-11-03 00:43 | キヤニモモ


<< キヤニモモの木や果実の写真 タマリロを食べる! >>