マンゴスチンに再チャレンジ!
今さらながらのアップです。。。

オトギリソウ科フクギ属(Garcinia)には、キヤニモモGarcinia xanthochymus)以外にも果物として利用されている仲間がいろいろあるようですね。でもやはりダントツぶっちぎりで有名なのは、果物の女王、マンゴスチン(Garcinia mangostana)ですよね。

マンゴスチンは2007年に一度チャレンジしましたが、芽は出たものの、そのまま枯れてしまいました。そのあとに冷凍モノからとったタネも試しましたがやっぱり芽は出ませんでした。

そんなわけで再チャレンジのチャンスをうかがっていたのですが、今年の6月に首尾よく良さげな果実をゲット! 

マンゴスチンの果実 09/06/22

やっぱりマンゴスチンってかわいいですよね〜。木彫りのオブジェみたいです。

今回の種子はなかなかにやる気を感じます。サイズも厚みもいい感じです。

マンゴスチンの種子 09/06/22

というわけで6月22日に種まきしました。

するとたった2週間で発芽が始まりました!

マンゴスチンの発芽 09/07/06

ふつうは20日以上かかるようなのでビックリです。前回は1ヶ月半もかかりましたしね。

ちなみに今回、発芽用土にモミガラくん炭を混ぜてみました。ブログ『趣味の果樹栽培 & ・・・』のウィングさんが、木炭を加工したものを発芽用土にしたのが一番発育が良かったとマンゴスチンの記事で書いていたからです。

つづく
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-11-07 01:27 | マンゴスチン


<< マンゴスチンの発芽 〜その後〜 キヤニモモは1本でも結実するのか?? >>