シャカトウの剪定&摘葉
シャカトウ(シュガーアップル)の剪定&摘葉をしました。

シャカトウやチェリモヤやアテモヤなど、バンレイシ属(Annona)の仲間は、葉っぱをつみとる(摘葉する)と、木が成熟していれば花芽(つぼみ)がつくといいます。

産地では、乾季のあいだから雨季がはじまるタイミングで古い葉っぱを落として、雨季がはじまると一斉にまた芽吹いて、新しい枝葉とともに花芽(つぼみ)をつけるのでしょうね。だから日本でも冬にうまく乾燥気味に管理すれば、春先に自然に落葉して、一斉に芽吹いて花芽をつけるそうです。自然に落葉しない場合でも、ちょびっと可哀想ですがブチブチ葉っぱをむしって強制的に落葉させれば、「おっ、春が来たな」と勘違いして花芽をつけるということなのでしょう。

うちでは冬場にさして乾燥させてないからだと思いますが、春先に葉っぱが黄化・落葉してくれません。そんな時は摘葉してやればいいわけです。でも様子を見ているうちに今年も春先が過ぎてしまいました。『バルコニーで花、ガーデニング』を見ているとsatoさんは2月に剪定&摘葉されていますね!

ま、なにはともあれ、今更ながら剪定&摘葉です。

まずは年長の、マダガスカルのシャカトウたち(2才11ヶ月)です。

シャカトウの剪定&摘葉

側枝は3〜5節だけ残して容赦なく剪定。葉っぱは全部むしりとります。わかってはいても、ちゃんと芽吹いてくれるかちょびっと不安になりますね008.gif 

高さは剪定前が160cmくらい、剪定後は150cmくらいです。さすがに7号鉢のままじゃきつそうなので、この後、8号鉢に植え替えてあげました。10号くらいにしてあげればいいのに、けっちいですね037.gif

この2匹は去年も剪定&摘葉しましたが、花芽はつきませんでした。もう3才(4年目)になるし、今年は花が咲いてくれるといいなあ。

お次は沖縄のシャカトウたち(2才1ヶ月と2才0ヶ月)です。

シャカトウの剪定&摘葉

こちらも同じように容赦なく剪定&摘葉。とはいっても、こちらは去年の秋に遅くまで外に出したままにしててかなり落葉してたので、ついてる葉っぱはそんなに多くありません。

高さは左側の背が高いほうで剪定前130cm、剪定後120cmくらいです。右側の背に低いほうは、剪定後は90cmくらいになってます。この2匹も、このあとで植え替えました。6号鉢と5号鉢だったのを、両方とも7号鉢にしました。

ちなみに左側の背の高いほうは、おととし(2008年)の秋に寄せ接ぎして、根っ子がダブルになってます。マダガスカルのシャカトウの苗があまっていて、捨てるにはしのびないので寄せ接ぎして根っ子側だけ残したのですが、そんなに生長に違いは出ていないように感じます。右側のよりも背が高くはなってますが、もともとこちらのほうが発育が良かったので。

〜〜〜

ところで以前にも書いたかもしれませんが、年長のマダガスカルのシャカトウ、ほんとはたぶんシャカトウじゃないですよね。だって葉っぱが違いすぎます!

シャカトウの葉の比較

左側が沖縄のシャカトウの葉っぱ、右側がマダガスカルのシャカトウの葉っぱです。左側のは、いかにも普通のシャカトウの葉っぱです。でも右側のは・・・デカすぎるし、形が違うし、表面に照りがあるし。

budda head(ブッダの頭)のタネだと言われてもらったので、だんぜんシャカトウ(釈迦頭)のことだと思ったのですが、違ったようですね。まあ近い仲間(Annona属)であることは間違いない。ギュウシンリ(牛心梨、custard apple、Annona reticulata)かなあ。ま、実がなってのお楽しみですね!

〜〜〜

さて、うちにはまだシャカトウがいます。去年(2009年)の秋冬に種まきした新参者たちです。

シャカトウの苗

左側がミャンマーのシャカトウ(10/14播種、11/14発芽)、右側が台湾のシャカトウ(12/31播種、3/20発芽)です。

シャカトウは美味しいので、期待してますぞ〜!070.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-05-20 21:35 | バンレイシ(釈迦頭)


<< シャカトウの芽吹き 新葉を出しはじめたキヤニモモ >>