シャカトウが開花! そして・・・
おとといの夜、風が強かったので、先日つぼみ&花芽を発見したシャカトウを家の中に取り込んだら、なんと開花がはじまってました!005.gif

☆開花1日目(7月11日) 午後11時

シャカトウの花(雌ステージ), Sugar apple (Annona squamosa) flower female stage Day-1 11pm

花びらはまだ半開きです。

シャカトウの花(雌ステージ), Sugar apple (Annona squamosa) flower female stage Day-1 11pm

下からのぞいても雌しべや雄しべは見えません。いわゆる雌ステージという状態ですね。雌ステージでは、雌しべは受粉可能になっていますが、雄しべはまだ花粉を放出していません。

☆開花2日目(7月12日) 午前8時

シャカトウの花(雄ステージ), Sugar apple (Annona squamosa) flower male stage Day-2 8am

花びらが完全に開きました。

シャカトウの花(雄ステージ), Sugar apple (Annona squamosa) flower male stage Day-2 8am

下から見ると雄しべと雌しべがよく見えます。いわゆる雄ステージという状態ですね。

じつは明け方の3時半に見たときにすでにこの状態になってました。なぜ3時半かというと、サッカー・ワールドカップの決勝戦を見るために起きたからです070.gif

いや〜、スペイン、やりましたね! 優勝おめでとう!! さすが情熱の国。そしてチェリモヤの国。

スペイン・バルセロナの市場に並ぶチェリモヤ
スペイン・バルセロナの市場に並ぶチェリモヤ
キロあたり2ユーロということは1個100円くらいかな? 安っ!

スペインのチェリモヤの生産量は世界No.1です。地中海に面した南端のアンダルシア地方で栽培されていて、年の生産量は3万トン程度。日本でいえばハッサクくらいな感じかな??039.gif

どうしてもやっぱり北のほうの国よりも南のほうの国を私は応援してしまいがちです。ほんとはもうちょっとブラジルやチリに頑張って欲しかった。ちなみにチリはチェリモヤの生産量世界第2位です。

さて、チェリモヤやシャカトウをはじめとする、ポポーなども含むバンレイシ科の仲間は、両性花をつける(1つの花に雌しべと雄しべの両方がある)のですが、雌しべと雄しべの成熟するタイミングが違います。雌しべが先に成熟(雌ステージ)して、雄しべが後に成熟(雄ステージ)します。自家受粉にハードルをもうけているのですね。

アボカドの花にも雌ステージと雄ステージがありました。でもアボカドの場合はわざわざステージの切り換えのために花を一旦閉じて花の形を変えてましたね。アボカドのほうがメカニズムが高度ですね。

シャカトウの場合は、雄ステージになってからも雌しべに受粉能力があります。つまり花が1個しか咲かなくても受粉できます。同じ花のなかの雌しべと雄しべで受精することが可能なわけです。それがシャカトウの受粉率&結実率を高めているのでしょうね。シャカトウは人工授粉しなくても大丈夫と言われるのはそのためなのでしょう。そうは言っても自然(昆虫)にまかせるよりは人工授粉したほうがだんぜん着果率が高まるし、奇形果が減るそうです。

チェリモヤの場合は、雄ステージになって雄しべが花粉を放出しだしたころには雌しべは乾燥して受粉できなくなっています。なので花が1個しか咲かなかったら受粉できません。最低でも2つの花がうまく時間差で咲いてくれないと実はつきません。

ポポーの場合は自家不合和性があるので、同じ遺伝子を持った花どうしでは受精しないそうです。つまりポポーは1本では実がつきません。異なる品種の木が近くに必要です。種子から育った実生の木でもOKです(遺伝子が1本1本違うから)027.gif

なあんて調べたてのことをエラそうに書き連ねましたが・・・

☆開花2日目(7月12日) 午後2時

シャカトウの花(開花終了), Sugar apple (Annona squamosa) flower after bloom Day-2 2pm

ぬぉっ! 花がもうしおれはじめてる!!
シャカトウやチェリモヤの花って、1日もたたずにしぼんじゃうの?! 
(そんなことも知らなかったのかという感じですが・・・008.gif

とりあえず急いで人工授粉しました。綿棒で雄しべをなでて、それを雌しべにつけました。でももう雌しべはすでに乾燥してたっぽい・・・025.gif

教訓:シャカトウの人工授粉は、花びらが完全に開いたら(=雄ステージ)すぐに(=早朝)おこなうべし!

☆開花2日目(7月12日) 午後9時

シャカトウの花(開花終了), Sugar apple (Annona squamosa) flower after bloom Day-2 9pm

花びらが完全にしおれました。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-13 22:12 | バンレイシ(釈迦頭) | Comments(16)
Commented by gara4444 at 2010-07-14 01:44
家のバンレイシ科達はまだまだ花が咲く様子は有りませんが、大変参考になります。
ありがとうございます。
しかしこの1ヶ月かなり寝不足になりました。
これでやっとぐっすり寝られます・・・なのになんでこんな時間に起きてるんでしょうか?
Commented by Reveille at 2010-07-14 02:41 x
シャカトウは食べたことはないし、植えてもいませんが花の性質がこれまた面白いんですね~。おもわずこの記事のページをお気に入りに入れちゃいましたよ(笑)
Commented by papaya_gyunyu at 2010-07-14 21:53
>garaさん
失敗談でお恥ずかしい・・・
あ、まだ南アフリカとの時差が残ってるようですね(笑)
Commented by papaya_gyunyu at 2010-07-14 21:57
>Reveilleさん
マニアックな内容にお付き合いくださりありがとうございます(笑)
シャカトウの種子もとっておいてお送りすれば良かったですね。
今度また機会があったら確保しときます。
ところで、煮沸したグァバ種子、発芽しませんでしたね・・・(><)
Commented by komami12 at 2010-07-15 09:35 x
トロピカルフルーツは、花の構造までおもしろいんですね。
とても勉強になります。


何年か前はスペインの市場にも、ベトナムの市場にも
出没した経験があるのに~!!
育てる楽しみを知り始めた今、くやしくてなりません(笑)。
今月、石垣島へ行くので、何か収穫があるといいなぁ。
Commented by papaya_gyunyu at 2010-07-16 15:59
>komami12さん

> 何年か前はスペインの市場にも、ベトナムの市場にも
> 出没した経験があるのに~!!

そういうのってありますよね〜!

ちなみに石垣島と言えば、熱帯・島嶼研究拠点(熱研)があります。日本での熱帯果樹栽培の研究拠点です。市民向けに苗の配布会とかをおこなってたこともあったので、チェックしてみると良いかも?

川平湾のそばには熱帯果樹を栽培している仲野農園があります。アボカドが有名です。近所のスーパーで直売しているそうですよ。

わたしは石垣島に2回行ったことがありますが、当時はどちらも知りませんでした・・・(泣)
Commented by Reveille at 2010-07-17 02:48 x
マニアック・・、あはは、確かに(笑)
でも、こう言う話は大好きで、身を乗り出して話を聞く方です。面白くてしょうがないですよ(笑)げげっ、私もマニア・・・???
>シャカトウの種子もとっておいてお送りすれば良かったですね。
今度また機会があったら確保しときます。

えっ、本当ですか。ラッキー!!!
そんな機会があったら是非お願いしますm(_ _)m
これって大分でも売っているでしょうか・・。いつかついでの時にデパ地下で探してみますね。

煮沸したグァバ種子の発芽、駄目てしたか。我が家も出ていませんね~。
そうそう、あの煮沸実験の後、残りの十数粒は、層積処理もどきをして、その後2週間近く水に浸けてから、外に土に蒔きました。どうなることやらです。。。(笑)
最初のは何本くらい出ました?
我が家は20粒蒔いて、14本。7割の発芽率でした。
福岡の宗像にある農園さんから種をいただいて蒔いたイエローストロベリーグァバの方は、去年の暮に蒔いたものが7cmくらいに成長しました。
さて、夏の間にどのくらい赤の成長が追いつくか楽しみですよ(笑)
Commented by papaya_gyunyu at 2010-07-17 22:16
>Reveilleさん
沖縄など以外ではシャカトウを見つけるのは難しいかもしれません。少なくとも東京近辺では売っているのを私は見たことがありません。でも仲間のチェリモヤやアテモヤ(チェリモヤとシャカトウの交配種)はたまに見かけます。チャンスがあったら試してみてください!

グァバの種子は、うちは普通にまいたほうは6粒まいて4本発芽しました。去年の秋のタネですが、7割くらいの発芽率は保っているようですね。

種子を一定期間冷やすことを層積処理と言うのですね! 熱帯果樹では試したことがありませんが、シャカトウやチェリモヤと同じバンレイシ科で唯一温帯出身のポポーは発芽に3ヶ月程度の低温が必要なので、私も層積処理をしたことがあります。グァバだとどうなるか楽しみですね。熱湯に入れられたり冷やされたりで彼らも大変ですね(笑)
Commented by komami12 at 2010-07-20 11:12 x
梅雨明け直後で、体がついていかないkomami12でーす。

<ちなみに石垣島と言えば、熱帯・島嶼研究拠点(熱研)があります。日本での熱帯果樹栽培の研究拠点です。市民向けに苗の配布会とかをおこなってたこともあったので、チェックしてみると良いかも?

<川平湾のそばには熱帯果樹を栽培している仲野農園があります。アボカドが有名です。近所のスーパーで直売しているそうですよ。

おおおおっ!がっつり情報いただきました♪
熱帯植物研究をされている米本仁巳さんがいらっしゃる、
またはいらっしゃった「独立行政法人国際農林水産研究センター」を訪ねる予定もあって、なかなかフルーツづいた旅になりそうです♪
Commented by papaya_gyunyu at 2010-07-20 18:43
>komami12さん
梅雨が明けたと思ったらいきなり30℃を超える日が続いてやになっちゃいますね。。。

あ、その「独立行政法人国際農林水産研究センター」が"熱研"です。すでに訪問を予定されていたとはさすがです! ぜひ鉢植えドリアン栽培がどうなったか聞いてきてください。開花の報告はありましたが、結実したのでしょうか。

熱研に行けば石垣島のフルーツ情報がいろいろ得られそうですね。うぅ、うらやましい(TT) ぜひレポートをお願いします!
Commented by 大根おばさん♪ at 2010-10-18 09:20 x
沖縄から持ち帰った釈迦頭のタネをまいたら芽が出ました
今からの管理はどうすればいいんでしょうか?
家の中に入れる時期など教えていただければと思っています
Commented by papaya_gyunyu at 2010-10-18 19:11
>大根おばさん♪さん

お、芽が出ましたか。これから楽しみですね(^^)

発芽直後は温度があったほうが良いので、もう少なくとも夜は家の中のほうが良いだろうと思います。陽の当たる窓際に置いておいて、18℃を超えるくらい暖かい日中だけそとに出せば良いと思います。

温度&湿度の確保のために透明のプラケースやビニール袋などに入れてミニ温室代わりにしても良いかもしれません。

真冬の夜間は窓際は冷えるので窓から離してくださいね。

苗がしっかりすれば5℃を下回っても耐えられるくらいになるので、なんとかガンバって今年の冬を乗り切ってください! 
Commented by 大根おばさん at 2010-10-19 07:18 x
ご回答ありがとうございます
早速参考にさせてもらい頑張ってこの冬を越したいと思います
Commented by papaya_gyunyu at 2010-10-21 22:33
>大根おばさん
また何かあればいつでも〜(^^)
Commented by はなな at 2011-10-21 23:28 x
はじめまして
先日ベトナム ホイアンの市場で シヤカトウを買って食べたら とっても美味しかったので タネを持ち帰り 今日 まいてみました。 トロピカルフルーツが福島県の太平洋側で温室も無くて育つのか不明でしたが (東京に雪が降っても こちらは降らないという地域です)
こちらのサイトを見つけて希望が持てました。 
発芽温度もあると思うのですが これからの管理は室内の方がよいでしょうね。
頼もしい サイトに出会えて よかったです
Commented by パパイア牛乳 at 2011-11-08 21:41 x
> はななさん
はじめまして!
シャカトウ、おいしいですよね〜。
冬に室内に入れさえすれば福島県だろうが神奈川県だろうが大差ないですよね。
私の試行錯誤が参考になればうれしいです。
シャカトウはすぐ発芽することもあれば半年以上かかることもあるります。
これから気温が下がるのでひょっとしたら時間がかかるかもしれません。
でも芽は必ず出るので気長に見守ってあげてくださいね!


<< カシューナッツの最期 ランブータンを食べる 〜 種か... >>