サポジラからチューインガムができるまで
サポジラで思い出しました。

今はかならずしもそうではないみたいですが、チューインガムのガムベースはサポジラの樹液(チクル)から作られます。サポジラの木からチクルを集める人はチクレロ(chiclero)と呼ばれるそうです。

チクレロたちがどんなところでどうやってチクルを集めて、それがどうやって最終的にチューインガムになるのかを紹介したサイトを見つけたので紹介しておきます001.gif

アメリカのガム会社のサイトで、英語のサイトですが、写真がメインなので説明は読まなくても大丈夫です。左下の"start"から矢印にそって写真をクリックしてってください。

http://www.gleegum.com/treetoglee/

うちのサポジラたちも、まだ発芽したてのころに樹皮をけずったらいっぱしにネバ〜っとガムが出てきました。おかげで寄せ接ぎには失敗。今は何ごともなかったかのように、ひと鉢に2本ずつ植わってます015.gif

昨今のガムベースのさまざまな原料→『ガムの原料 - 日本チューインガム協会
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-19 20:30 | サポジラ | Comments(2)
Commented by Reveille at 2011-04-21 17:44 x
チューイングガムができるまで・・、見たことはなかったです。
楽しく拝見しましたよ~。ありがとうございました。m(_ _)m
Commented by papaya_gyunyu at 2011-04-21 21:46
> Reveilleさん
楽しんでいただけてよかったです(^^)
ガムがメキシコやグァテマラの森から来てたなんてちょびっとびっくりですよね〜。


<< 今日のスターアップル 今日のサポジラ >>