冬越ししたランブータン
こちらは室内温室で冬越しさせたランブータンたち(0才10ヶ月)です。
d0116493_15132546.jpg
一番背の高いのの身長が40cmくらいです。9cmポットに植えっぱなしだったので、このあと6号鉢に植え替えてあげましたemoticon-0148-yes.gif

ランブータンは本来はものすごく生長がはやい植物なのでしょうね。そのぶん何か足りないものがあるとすぐに調子を崩してしまいます。

でもランブータンが好む高温・高湿度・高光量を冬場に確保するのはなかなか大変です。今回は中温(最低15℃設定)・高湿度(まめに霧吹き)・中光量(窓のそば)の中で、だましだまし冬越しさせましたemoticon-0141-whew.gif

d0116493_19185383.gif

ところで最近ある本をパラパラとめくっていたら、熱帯多雨林の樹木の葉っぱについて面白いことが書かれていました。

ボルネオ島の低地熱帯多雨林
ボルネオ島の低地熱帯多雨林 Photo by dracophylla
葉の表面には,地衣類,藻類,コケ類などがびっしりとはびこっている.必ずしも熱帯に特有の現象ではないが,葉の表面の着生物には空中窒素を固定するバクテリアや藻類が含まれており,森林の物質循環における窒素供給の役割を果たすと考えられている.

————— 長野敏英編『熱帯生態学』 (朝倉書店,2004) p.34

商業栽培の世界では肥料の葉面散布はそんなに特殊なことではないようですが、意外と理にかなってたのですね。湿度が特に高い地域出身のランブータンやドリアンなんかでは霧吹きがてら試してみてもいいかもしれないなと思いましたemoticon-0138-thinking.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-05-11 20:53 | ランブータン


<< 今日のドリアン カーの植え付け >>