先日のナムドクマイ
アルフォンソマンゴーの最後の1個と先日記念撮影をしたナムドクマイ(タイ産マンゴー)を食べました。下の写真は3枚おろしにしたところです。繊維質が全くありません。非常になめらかです。
d0116493_23284776.jpg

どうもナムドクマイには青臭さを感じます。スーパーで買って来たての青いバナナをむいた時のような臭いを感じるのです。熟する前に収穫しているからかなあ。でもそれだったら他の輸入マンゴーだって大して変わらないはずだよなあ。ぎりぎりまで熟させてから獲っているというロイヤルマンゴーだったら同じナムドクマイでもやっぱり違うのかなあ。

甘みも少なく酸味強めで、人によってはさわやかで良いと感じるのかもしれませんが、まったりと濃厚なマンゴーが好きな私には全然物足りない。でもかなり巨大だったので食べごたえはありました。中の殻(husk)はこんなでした↓
d0116493_2349395.jpg

ビックリするくらい細長くて平べったい。タネ自体は殻の大きさの割には小さい↓
d0116493_235108.jpg

でもナムドクマイとしては標準的なサイズと形かな↓
d0116493_2352366.jpg

他の品種のマンゴーと比べると結構大きめのタネなのだけど、相変わらず青白くて頼りなさげ。ま、とりあえずまいとこー。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-06-02 23:59 | マンゴー(ナムドクマイ実生)


<< 寝る子は育つ 王の末裔 >>