元気が一番
d0116493_20323764.jpg

ぐんぐん大きくなってます。これくらい生長が早いと見てて楽しい。
トマトの木(tree tomato)なんて呼ばれてますが、やっぱり草なんですね。

でも実は、梅雨で湿気が多いせいか、下の方の葉っぱ何枚かの裏に黒カビが生えて(下の写真)、一時期、全体的にツヤが衰えた感があったので、ダメかなと思いました。でも生来の元気さが勝ったようで、少なくとも今のところは再び発育旺盛です。
d0116493_20541041.jpg

あ、ちなみにタマリロ(tamarillo)って造語らしいですよ。それもニュージーランド人がマーケティング目的で名付けたそうです。tree tomatoは元々がアンデスの出身なので、スペイン語っぽく聞こえる"tama"(マオリ語で"リーダーシップ"の意を持つらしい)と、"rillo"をくっつけて作られたそうです。"rillo"の由来は定かではないが、tree tomatoの果皮が元々は黄色だったことから、スペイン語で黄色を表す"amarillo"から取ったとも言われているそうです。詳しくはニュージーランド・タマリロ生産者協会のホームページ(英語)ご参照。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-07-03 21:22 | タマリロ


<< 今日のスターフルーツ 今日のバンレイシ >>