野生のポポー
ポポー(Asimina triloba)は匂いも味も断然トロピカルフルーツなのに、じつはカナダも含む北アメリカ東部の出身なんですよね。つまり熱帯果樹ではなく温帯果樹です。

ポポーの自生地域
ポポー(Asimina triloba)の自生地域
USDA-NRCS PLANTS Database

余談ですが、ポポーのことを調べていたら、アメリカに自生しているポポーの仲間(同じAsimina属に他に7種類いるようです)の写真もいろいろ見つかりました。こんなのもいるんだーと結構ビックリ。ちょっと見てみてください。

Asimina parviflora (Michx.) Dunal - Smallflower Pawpaw
Asimina obovata (Willd.) Nash - Bigflower Pawpaw
Asimina pygmea (W. Bartram) Dunal - Dwarf Pawpaw

矮性台木に使えないのかなあ・・・

あ、参考までに普通のポポーの写真です→Asimina triloba (L.) Dunal
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-11-15 22:45 | ポポー | Comments(6)
Commented by けんたき at 2009-02-03 05:08 x
A. tetramenaとの交配種があるのですが、カークの言うところによると余り効果は無かったような気がします。F2の花に良いものが出ていて、花樹としても楽しめるようです
Commented by papaya_gyunyu at 2009-02-03 12:21
>けんたきさん
ポポーの研究をされているのですね! 面白いですね!!
ぜひいろいろ教えてください!!
けんたきさんのブログにも遊びに行きます。
ひょっとしてポポーとチェリモヤを接木したらどうなるかもご存知だったりしますか??
Commented by けんたき at 2010-09-29 10:27 x
すいません、書きっぱなしで、書き込みしたことさえ忘れていました。
Asimina triloba x pygmaea四本戴きましたが、うち二本が開花中です。
これはたまたまで、種間交雑種はどうかしれませんが、Asimina tetrameraなんかは、
温室でぽつぽつと周年開花するようです。
Asimina triloba x pygmaeaのなかには播種後、三年で結実するものもあるようです。
ただ種間交雑種は食味の良くないものが殆んどですが、中には悪くないのもあるそうです。
Commented by papaya_gyunyu at 2010-09-29 21:29
>けんたきさん
追加情報ありがとうございます!
うわ〜、じつに面白いですねー。
なるほど、A. pygmaeaやtetrameraは暖かい地域出身なのですね。
それでも美味しい実がなる種間交雑種が生まれたら楽しいですね。
鉢植えに向く"ミニポポー"ができたらいいなあ。
Commented by けんたき at 2010-10-01 08:23 x
60cm程度で結実するようなので、鉢植えに向いていると思います。
割合に果実のサイズも大きかったと思います。
ただ問題は、種間交雑種は一般に食味が良くないことでしょう。
Commented by papaya_gyunyu at 2010-10-04 20:18
>けんたきさん
60cm程度で結実とは素晴らしいですね!
食味が良い個体が見つかると良いのですが。
実生選抜は時間がかかるし大変そうですが夢がありますね。
もしいつか種間交雑種の種子があまるようなことがあったらわけてください。
戻し交雑でも試してみます☆


<< 国産アボカドを食べる! ポポーの種まき方法 >>