国産アボカドを食べる!
寒くなりましたねー。

先日和歌山から届いた国産アボカド(Bacon種)が柔らかくなりだしたので、食べてみることにしました。輸入もののアボカド(Hass種)と違って、熟しても緑色です。
d0116493_1954095.jpg

切り口はこんな感じ。
d0116493_1995767.jpg

おいしいかな〜?? 

とりあえずそのままスプーンですくって食べてみます・・・  おっ、ものすごいなめらか。繊維質がまったく無く、肉質が完璧なまでに均質。品質の高さはさすが国産。味的には、コクもありながらみずみずしくてフレッシュ。

今度は醤油で。お、甘みがある。醤油の塩気に甘みが引き出されるようです。うん、これはこれでおいしい。

でもやっぱりアボカドにはコッテリを期待してしまうので、その点は物足りない。残念ながら先日の「こだわりアボカド」に軍配が上がってしまうな。メキシコ産のHass種だけど。つまり品種の個性なのでしょうね。

というわけで、我が家のアボカド育成方針が決まりました。Hassの実生(=種から育てたもの)に実をつけさせることを目指します! Baconの実生は有力な台木候補です。Hassの実生よりも耐寒性が期待できますからね。

↓Baconの種子はこんな感じ。少しとんがってますね。右側は皮をむいた写真です。
d0116493_1057150.jpg

Hassの種子と違って皮に若干厚みがあるのできれいにむけます。

さっそくまいてみよー! タネがおおきいので「まく」という感じではありませんが。とりあえず芽が出るまでは電気温水器の上で水栽培です。

ちなみに以前からお伝えしているアボカド三兄弟(Hass実生のはず)は、現在こんな感じになってます↓
d0116493_1141284.jpg

まん中の長兄はあいかわらずイジケてます(身長40cm)。ニュージーランド出身の右側の次男は夏のダメージを克服して新葉を展開しています。もう子供ではありません(身長77cm)。左側の三男は、タネが巨大だった例の「こだわりアボカド」の子です。順調に育ってます(身長56cm)。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-11-17 11:23 | アボカド


<< 国産アボカドを食べる! 2 野生のポポー >>