ランブータンの種を入手!
とうとうランブータンの種を再度入手しました! 欲しい欲しいといっていたら義兄が持って来てくれました。それも大量に!!

下の写真2枚は義兄がくれたものです。ハワイ島(Big Island)のランブータンスタンドの写真です。

ハワイ島のランブータンスタンド, a rambutan stand in Big Island Hawaii


ハワイ島のランブータンスタンド, a rambutan stand in Big Island Hawaii

ずいぶん大きなランブータンですねー。ちなみに左側の毛の生えていない方はロンガン(竜眼)です。

そしてこちらが今回もらったランブータンの種です。

ランブータンの種, rambutan seeds

長さが3cm以上ある立派な種です。北関東の寒空の下で1週間くらい保管された後にうちに届いたので低温障害を心配していたのですが、変色していたのは2個だけです。残りの18個はいたって元気そう。これは期待できるぞ〜!

例によってJulia Morton先生の"Fruits of warm climates"で、種まきの際の注意点を確認。

☆ランブータンの種まきのポイント☆

・ 種は果実からとり出したらすぐにまく。1週間後では発芽率は50%〜65%程度に落ちる。ただし湿らせた水ゴケなどにくるんで保管すれば3〜4週間は発芽力をキープ。
・ 種はよく洗ってからまく。果肉には発芽を妨げる働きがある。
・ 種の平らな面が水平になるように植える。
・ 9〜25日で発芽する。はやく発芽したものほどその後の発育が良好。

↓さっそくseedbedを用意して種をセット。そして土をかぶせます。

ランブータンの種を発芽床にセット, setting the rambutan seeds onto a seedbed

いつも通り電気温水器の上に置いたら、あとは芽が出るのを待つのみ。楽しみだ〜!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-12-31 11:28 | ランブータン


<< ロンガンの種も入手! シャカトウの種まき方法 >>