ぬぉっ!
ランブータンの葉先が枯れてきているのを発見!!


むー、あたりまえか。植え替えよう植え替えようと思いつつ、バタバタしているうちに2週間がたってしまった。さっそくカリが足りなくなったのね。症状が出ているのはまだ1匹だけのようだけど。

前にも書きましたが、ランブータンは多量のカリ肥料を必要とするらしいのです。カリが足りないと葉の縁が枯れてきて、生長が止まり、新芽が出ても枯れるようになる。それを防ぐためには窒素:リン酸:カリが10:2:33の肥料を与えるべし(16:7:13でも不十分)・・・というのがNew Crop FactSHEETのランブータン編から学んだことです。

前回育てた時は、そのような症状になった後にハダニにたかられて死んでしまいました。瀕死の時にカリ肥料(硫酸加里)を買って来てあたえたのですが、時すでに遅しでした。そもそもどれだけ与えれば良いのかも分からなかったし。

今回は、二の轍を踏まないように、じつはNew Crop FactSHEETのランブータン編の著者のFrancis T. Zee博士にうっかりメールをして回答を得ていたのです。その内容はとても興味深いので別途まとめようと思っていますが、とにもかくにも困ったら硫酸加里の100ppm水溶液を与えるべしとのアドバイスを受けていました。「You will be surprised with the positive response」と。

というわけで、さっそく試してみます! と思ったのですが、まだ植え替えてないので、土はバーミキュライトのみのまま。全く栄養がありません。窒素分やリン酸分もあげなきゃダメだよなあ。家にあった微粉ハイポネックス(6.5:6:19)を代わりにあげよう。カリ分が硫酸加里のものなのか塩化加里のものなのか表記がないので分からないけど(ランブータンは塩素分に弱いから硫酸加里がベター)、まあ今回は応急処置ですがこれでやってみよう。カリ分が19%ということは、約20%だから、100ppmにするには、2リットルの水に1gを溶かせば良い線かな。というわけで、あげてみました。

さてさて、うまく行くかな〜?? でも何にせよ、はやく植え替えてあげないとなあ・・・
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-02-22 00:45 | ランブータン | Comments(10)
Commented by たまご at 2008-02-26 17:12 x
はじめまして、ジャボチカバで検索しましてこちらにやってきました。
見るとトロピカルフルーツを実生でいろいろ育てているご様子、
実は私も都内で4年ほど前から同じようなことを趣味でやっています。
(種から食べるまでをコンセプトに・笑)

昨年はマレーシアから持ち帰ったランブータンの種を数個発芽させ
自家製を口に入れることを楽しみに育てていましたが結局全滅してしまいました。
こちらの記事を読むと原因はカリ不足だったのですね!?
突然新芽が出なくなったと思ったらあれよあれよと言う間に枯れてしまいました。
まさかそれほど多量のカリウムを必要とする植物だとは思いもせず、
油粕の腐熟液で育てていました。
もっと早くこのブログを読んでいればと思うと残念です。
またお邪魔させていただきますので元気なランブータンの姿を今後とも見せていただけたらと思います。
長々と失礼しました。


Commented by papaya_gyunyu at 2008-02-26 21:14
たまごさん、はじめまして!
4年前からということは、ちょびっと先輩ですね。
ぜひ色々と教えてください!

そうなんです、ランブータンは驚くほど多量のカリを必要とするようなのです。
今育てている苗も、植え替えたら硫酸カリを元肥に加えようと思っていたのですが、
植え替えが予定より2週間遅れてしまっただけで、
さっそく葉の先端に枯れが発生してしまいました。
この前の土日にようやく植え替えたので、今は様子見です。
うまくいくかどうか、見守っていてください!
Commented by たまご at 2008-02-27 12:49 x
管理人様、コメントどうもです。
しっかり見守っていきますよー。

ところでふと気付いたのですが、私の竜眼がそういえば去年秋に温室に
しまった後、
徐々に葉先がボロボロと枯れ始めてそのままダメになっちゃうのか?
と心配したことがありました。
今は新芽が伸び始めて少し安心しているところですがこれもやっぱりカリ分の不足が原因なのかもしれませんね。
お気をつけください。
Commented by papaya_gyunyu at 2008-02-27 23:52
むー、竜眼もそうなりましたか。
カリ不足の可能性はありますね。
これは貴重な情報をありがとうございます。

USDAのDr. Francis Zeeからいただいたメールによると、カリ不足に特徴的な症状は以下の2つとのことです。

(1)葉の縁や先端が枯れる。
(2)新芽(新梢)が出ては枯れ出ては枯れを繰り返し、最終的に全体が枯れる。

まさにこれは私が前回育てた時に起きたことでした。たまごさんの竜眼は(2)は起きていないようなので、ひょっとしたらカリ不足が原因ではないかもしれませんが、いずれにしろ竜眼も要注意ですね。

ちなみにジャボチカバも葉先が枯れる現象が多々起きるようです(うちの苗もそうなっている)が、それについてもついでに聞いてみたところ、やはりカリ不足だろうとのことでした。ランブータン同様に硫酸加里の100ppm水溶液を与えてみるようアドバイスを受けました。これについても今、実験中です。

Dr. Zeeいわく、熱帯植物は全般的に多量のカリを必要とするそうです。まあハワイと日本で環境が全く違うので、同じようにはいかないとは思いますが。
Commented by たまご at 2008-02-29 15:24 x
またまたお邪魔します。
カリ不足の特徴的な症状、私のランブータンのときもまったくその通りでした。

なお、上に竜眼も同じ症状と書きましたがこれは私の勘違いでした。
同じ症状で葉の縁や先端が枯れているのはマレーシアから持ち帰った
ラングサをひと回り大きくした感じの名前不明の果実の苗です。
お見せできないのが残念ですがランブータンにとても似た姿をしています。
違うところと言えばこの種は白っぽい殻に覆われていました、何の果樹か心当たりはありませんか?

ちなみに私のジャボチカバも幼苗の頃からほとんどの葉先が枯れています、これもカリ不足だったのか?
今後はカリ多めの肥料を探してみます、情報に感謝します。


Commented by papaya_gyunyu at 2008-02-29 23:35
ランブータンに似ているというと、ひょっとしてプラサンでしょうか??

画像はこちらです↓↓↓
http://images.google.com/images?um=1&hl=ja&client=safari&rls=ja-jp&q=pulasan&btnG=イメージ検索

学名はNephelium mutabileです。つまり毛無しランブータン? なあんて知ったふうですが、食べたことはありません。ライチやランブータンの仲間ではプラサンが一番おいしいと言う人もいるので、私の中ではビリバと並んで食べてみたい果物ランキングNo.1です。おいしかったですか?? やっぱりどうせ育てるならおいしいのが良いですよね。

ジャボチカバの葉先が枯れる症状にはみなさん困っているようなので、カリ分の追加で解決できたら良いなあと期待しています。たまごさんの方でももしうまくいったらぜひ教えてください。
Commented by たまご at 2008-03-03 09:39 x
プラサンの画像見てみましたがそれではありませんでした、残念!
わかりにくい書き方してしまいましたが
苗の姿(葉の形とか)はありし日のランブータンのようですが、
果実はまったく別物でむしろラングサ(ロンコン)をひと回り大きくしたような、
薄茶色でふにゃふにゃしたじゃがいものようなものだったように記憶しています。
道端の露天で試食して種だけを持ち帰ったので正直あまり印象がないんです…。
1個の果実に種が1個だったのか2個だったのかも記憶が怪しく
ただ、果肉が種にしっかりと付いていて取るのが大変だったと思います。
これじゃ手がかりになりませんよねぇ…。


Commented by papaya_gyunyu at 2008-03-03 23:07
違いましたか、残念。

Julia Mortonの"Fruits of warm climates"によると、Langsatと同じセンダン科(Meliaceae)で一番重要な作物はSantolなる果物らしいです。それでしょうか?? 大きさは4〜7.5cmとのことです。

http://images.google.com/images?client=safari&rls=ja-jp&q=santol&ie=UTF-8&oe=UTF-8&um=1&sa=N&tab=wi

それにしても、まだまだいろいろ知らない果物があるものですね。。
Commented by たまご at 2008-03-04 11:13 x
これだー!
そうです、これ!Santolっていうんですねぇ、
画像と情報ありがとうございます。
果実、種、葉の形と茂り方どれを見ても間違いないです。
いやぁ、嬉しい!
さっそく上記のサイトで育て方を調べてみます。


Commented by papaya_gyunyu at 2008-03-04 22:58
おお、当たりましたか!
耐寒性もそこそこあるようですし3〜5年で結実するようなので楽しみですね。
成長の様子をときどき教えてください!


<< マンゴーの新梢とホコリダニ ジャボチカバ in 大手町 >>