ぬぉっ!
ランブータンの葉先が枯れてきているのを発見!!


むー、あたりまえか。植え替えよう植え替えようと思いつつ、バタバタしているうちに2週間がたってしまった。さっそくカリが足りなくなったのね。症状が出ているのはまだ1匹だけのようだけど。

前にも書きましたが、ランブータンは多量のカリ肥料を必要とするらしいのです。カリが足りないと葉の縁が枯れてきて、生長が止まり、新芽が出ても枯れるようになる。それを防ぐためには窒素:リン酸:カリが10:2:33の肥料を与えるべし(16:7:13でも不十分)・・・というのがNew Crop FactSHEETのランブータン編から学んだことです。

前回育てた時は、そのような症状になった後にハダニにたかられて死んでしまいました。瀕死の時にカリ肥料(硫酸加里)を買って来てあたえたのですが、時すでに遅しでした。そもそもどれだけ与えれば良いのかも分からなかったし。

今回は、二の轍を踏まないように、じつはNew Crop FactSHEETのランブータン編の著者のFrancis T. Zee博士にうっかりメールをして回答を得ていたのです。その内容はとても興味深いので別途まとめようと思っていますが、とにもかくにも困ったら硫酸加里の100ppm水溶液を与えるべしとのアドバイスを受けていました。「You will be surprised with the positive response」と。

というわけで、さっそく試してみます! と思ったのですが、まだ植え替えてないので、土はバーミキュライトのみのまま。全く栄養がありません。窒素分やリン酸分もあげなきゃダメだよなあ。家にあった微粉ハイポネックス(6.5:6:19)を代わりにあげよう。カリ分が硫酸加里のものなのか塩化加里のものなのか表記がないので分からないけど(ランブータンは塩素分に弱いから硫酸加里がベター)、まあ今回は応急処置ですがこれでやってみよう。カリ分が19%ということは、約20%だから、100ppmにするには、2リットルの水に1gを溶かせば良い線かな。というわけで、あげてみました。

さてさて、うまく行くかな〜?? でも何にせよ、はやく植え替えてあげないとなあ・・・
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-02-22 00:45 | ランブータン


<< マンゴーの新梢とホコリダニ ジャボチカバ in 大手町 >>