スターアップルの育て方
スターアップルの種まき方法や栽培方法はインターネットで調べてもあまり詳しくはでてこなかったのですが、分かったことを忘れないように書いておきます。

☆スターアップル☆

学名:Chrysophyllum cainito L.
和名:スイショウガキ(水晶柿)
英名:star apple, golden leaf tree, caimito, cainito
科名:アカテツ科(Sapotaceae)
原産:西インド諸島および中央アメリカ
タイプ:常緑高木(8〜30m)
繁殖:実生、挿木、取木、接木
土質:水はけが良ければ特に選ばない。
耐寒性:幼木は0℃で枯死するが、成木は-2℃まで耐える。

・ミルクフルーツなどとも呼ばれる。
・果皮が紫色のものと緑色のものの、大きくわけて2系統ある
・種子は数ヶ月間は保存可能。発芽率は良い。
・種から育てた場合は5〜10年で結実する。
・栄養繁殖(挿木、取木、接木)だと結実が早まる。
・接木苗は2〜4年で結実する。
・自家結実性がある(1本でも実がなる)。

References:
Fruits of warm climates (Julia Morton)
AgroForestryTree Database (World Agroforestry Centre)
Tropical Fruits Database (Trade Winds Fruit)

ま、とりあえず普通に育てれば良さそうですね!

ちなみに"スターアップル"で検索したら、スターフルーツも結構でてきました。名前が似ているので間違われてることがあるようですね。念のため写真がのっている記事にリンクを張っておきます。

 →スターアップルの写真
 →スターフルーツの写真
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-04-13 22:58 | スターアップル


<< カニステルが発芽! スターアップルの種が届く! >>