トゲバンレイシの種
カシューナッツ(カシューナットノキ)の種とともに、じつは他のフルーツの種も届いていたんです。その1つがトゲバンレイシ(Annona muricata L.)の種です。

トゲバンレイシの種, soursop seeds

見た目はチェリモヤの種にそっくり。
でも色が黄土色っぽくてちょびっと面白い。

トゲバンレイシとシャカトウとチェリモヤの種の比較, comparing the seeds of soursop, sugar apple, and cherimoya

手持ちの他のバンレイシ属(Annona)のフルーツの種と比べてみました。写真左がトゲバンレイシ、上がマダガスカル産のシャカトウ、右が沖縄産のシャカトウ、そして下がチェリモヤです。こうして見ると、結構それぞれ個性的ですね(^^)

種まきの注意点は、調べても特に出て来なかったので、とりあえずチェリモヤやシャカトウ(シュガーアップル)と同じで良いかな。1〜2日、水に浸けて吸水させてからまいてみましょう。通常は2〜4週間で発芽するが、2〜3ヶ月かかることもある、という点もチェリモヤやシャカトウと同じですね。

ま、気長にいきましょう。なあんて言っておきながら、どうせしばらくすると待てなくなって土をほじくって様子を見たりしだすのでしょうけど(^^;)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-07 22:38 | トゲバンレイシ


<< サポジラの種 ドリアンが発根! >>