今日のカニステル
カニステルの苗, canistel seedlings

一番最初に元気良く発芽した1匹(写真右側の苗)は、なぜか双頭になってしまいました。先天的なものなのか、それとも途中でアブラムシかなにかに成長点を傷つけられてこうなってしまったのか。

だいぶ後に発芽した2番手が、もう追い抜こうとしています。3番手(写真奥)はまだまだですね。

ふー、しかしこれだけ育ててる植物の数が増えてしまうと、ブログにアップするのが追いつかない。最近、マンゴーたち、ぜんぜんアップしてないなー。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-06-24 22:13 | カニステル | Comments(6)
Commented by さっちゃん at 2009-04-17 20:04 x
はじめまして!!奄美に住んでいるさっちゃんと言います。
今日、親戚から「カニステル」頂きました。今まで耳にしたような気がするのですが、本日はじめてお目にかかりました。次男坊が最近種を植えることに凝っているので(一昨日はアテモヤ植えてました、その前はウコン、畑の隅にはパッションがジャングル状態!!)まだまだ熟してないので、楽しみですね~(^。^)今回もぜひ植えてみたいと思います。
次男坊曰く、アテモヤとカニステルを100円均一で売って、ばあちゃん家を建替えるそうです・・・。がんばるぞぉー!!
また来ます。
Commented by papaya_gyunyu at 2009-04-18 17:30
>さっちゃんさん
はじめまして!!
ジャングルばんざ〜い!!
心優しい次男君は私と同じ趣味をしているようですね(笑)
奄美だったらいろんな熱帯果樹が普通に育ちそうでうらやましいです。
カニステルもぐんぐん育ちそうですね!
次男君にもぜひがんばってくださいとお伝えください(^^)
Commented by うさこ at 2010-08-11 23:56 x
こんにちは!関東に住んでいます「うさこ」です。
カニステルは、種から育てて十数年になりますが、花は咲きますが実はなりません。(部屋の中では大きな木になりました!)
幹は直径3cm位です。高さ1.5m位でしょうか!?やはり鉢植えではむりかもしれません。
花に「おしべ」の花粉が無いような感じもします。
更新が、無いようですが、その後の成長はいかがですか?
Commented by papaya_gyunyu at 2010-08-12 21:37
>うさこさん
おお! 関東でタネから育てて花を咲かせてるかたがいらしたとは!! 十数年とはすごいですね(゚ロ゚;) 大先輩ですね! 他に何を育てられているかとか、聞きたいことだらけです・・・

とりあえずカニステルの花については、『熱帯果樹の栽培』(米本仁巳著)によると、すべて雌花か両性花(7割程度が両性花)だそうです。雄しべは花弁の内側にへばりついているので分かりにくようです。もし今も花がついているようでしたら、花弁をはがして見てみてください! 雄しべさえ見つかれば人口受粉ができますものね。自家和合性もあるようです。

うちのカニステルたちも元気にしてます。また写真を撮ってアップしますね。育て方など、ぜひいろいろアドバイスください!
Commented by うさこ at 2010-08-13 00:19 x
お返事ありがとうございます。
カニステルの花は、ここ3、4年でやっと咲くようになりました。蕾のうちから、「めしべ」が伸びて外側に出ます。その後に開花となりますが、花弁筒状で、その中に「おしべ」らしきものが着いていますが・・・花粉が無い感じです。無理やり外して、ほかの「めしべ」に着けてはみましたが、やはり、今年もダメてした。経過報告です。
他に育てている熱帯果樹は、コーヒー木20歳位と、マンゴーの木6歳位、パイナップルたちです。
色々と種からまきましたが、やはり冬が越せないのと、夏に西日が当り根腐れで、逝ってしまいました。
Commented by papaya_gyunyu at 2010-08-16 22:55
>うさこさん
なるほど、カニステルの花の件、そういうことでしたか。
たしかにカニステルではそういうことがあるみたいですね。
その現象に関する情報がもうちょっとないか調べてみようと思います。
もし何かわかったらまたご報告しますね。
20歳くらいのコーヒーの木! すごいですね〜(゚ロ゚;)
立派な木になってそうですね。実もたくさんなるのでしょうか。
マンゴーは実生6歳くらいだと実がなるころでしょうか。
やはり日本の季節は熱帯果樹たちには厳しいですね・・・。


<< 今日のスターアップル 今日のドリアン >>