やっぱりサギンサギンはツル性?!
フィリピンから一時帰国中の義兄(ブログはこちら)が帰国前日にサギンサギン(たぶんUvaria rufa Blume, スイギュウノチチ)を山で探し出して写真を撮って送ってくれました。

スイギュウノチチ, Uvaria rufa

ふーむ、葉っぱや枝ぶりはいかにもバンレイシ科な感じですねー。

スイギュウノチチ, Uvaria rufa

シャカトウの葉っぱですよといわれたらうっかり信じそう。

スイギュウノチチ, Uvaria rufa

思ったよりしっかりした幹になるんですねー。

んん? こ、これは?!

スイギュウノチチ, Uvaria rufa

ひょっとして・・・ツル??

スイギュウノチチ, Uvaria rufa

うーん、ひょっとしたらツルっぽいのは別の植物がからみついてるだけなのかもしれない。でもサギンサギンであることが明らかな枝も結構イレギュラーな曲がりかたをしてたりする。。。

スイギュウノチチ, Uvaria rufa

むー、義兄も蔓性だったと言っているので、だんぜん蔓性と思ったほうが良さそうです。

フィリピンの農務省のウェブページでは"climbing shrub"と表現されています。やはり普通に訳せば蔓性の灌木ですよね。

というわけで、obさんが教えてくれた通り、サギンサギンはツル性です! 

そうなるとますますうちで芽を出した1匹の成長が楽しみなのですが、相変わらず種帽子が取れないまま変化無し。心配だー。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-07-11 00:33 | サギンサギン


<< コブミカン いい感じのトゲバンレイシ >>