またドリアンを買ってしまった。。
きのうの夜、渋谷に行ったので、いつもどおり帰りがけにフレッシュ大和田(果物屋)をチェックすると、ぬぉっ、ドリアンがタイムサービスで1,500円!! 

もうすでに熟して口を開いているのが3個残っていました。2個はハエがたかってましたが、もう1個は口を開いたばかりのようで、入念にチェックしましたがハエは1匹もついてませんでした。香りは素晴らしい。これはもう置いて帰る理由が見つかりません。予定外でしたが、ついついまた買ってしまいました。

ドリアン, a durian fruit

きのうはすでにたらふく食べて飲んでしまっていたので、今日の夜に食べることにしました。おかげで今日は朝から家中にドリアンアロマが充満してました。いつも以上に熟しているので、アロマもそのぶん強烈です。ひょっとすると品種も違うのかな? 前回はMonthong(モントーン)種でしたが、今回は確認しませんでした。やっぱでもドリアンはこうじゃなくっちゃね。

夕方、家(マンションの一室)に帰って来たら、なんと階段のところにまでドリアンフェロモンが立ちこめていました。玄関の扉の郵便受けに新聞が刺さっていたので、そこから漏れ出していたようです。ガス漏れと勘違いされて消防車とか呼ばれてなくて良かった(^^;)

なにはともあれ、先ほど食べました!

ドリアンの果肉, durian meat

熟して果肉はかなりトロトロになっているのに、色はクリーム色のまま。もっと黄色くなってるかと思ったのですが。タイのドリアンて、やっぱり少し変わってますよね。

味も意外にアッサリでした。少し発酵してアルコールっぽくなっている感じはありましたが、そのぶん甘味が減っていました。ひさびさに熟れ熟れの強烈ドリアンにトライしてみるかと意気込んでいたので、あれ?という感じ。これもタイのドリアンの特徴なのかな? ま、それでも全然おいしかったですけどね(むしろ前回が美味しすぎた)。

いやー、それにしても、こんな年に何回も日本でもドリアンが食べられるようになるなんて、幸せですね!

あ、ちなみにドリアンはお酒と食い合わせ(飲み合わせ?)が悪いと良く言われますよね。今回もドリアンを食べながらビールを1缶(500ml)、一人であけましたが、とりあえず今のところ死んでません(^^) 

参考:国立健康・栄養研究所 楽しい健康栄養談話室「ドリアンとお酒」
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-07-17 01:06 | ドリアン


<< ランブータンの葉っぱの枯れ込み 葉っぱを開き始めたドリアン >>