ふたたびジャックフルーツの種をもらう!
前回の記事から時間がだいぶ開いてしまったので、アップしたいことは山ほどある(うれしいことも悲しいことも・・・)のですが、とりあえずここから!

10月の初めにジャックフルーツの種子を大量にもらったのです。前回はインドネシア産でしたが、今回はマダガスカル産です。

一番慌ただしい時期だったので、すぐに種まきはできそうにないなあ、困ったなあと思っていたのですが、Julia Morton先生の"Fruits of warm climates"によると、1ヶ月は発芽率が持つとのこと。というわけで、とりあえず乾燥させないようにじゃっかん湿らせたキッチンペーパーに包んでジプロックで室温保存。

さてさてそろそろまきますかと思って10月21日に種を取りだしてみると。。。ぬぉっ! 結構傷んでしまってます。完全に腐ってしまった何個かを取りのぞいても、時間の経過を感じます。。。

ジャックフルーツの種子、Jackfruit seeds

先ほどのJulia Morton先生の文章をもう一度読んでみると、「水に24時間ひたしてからまくと発芽が早まる」とあるので、乾燥保存が正解だったようです。なんとなくドリアンちっくなので、ついつい保湿してしまいました。ゴメンね〜。。。

それでもなにせ数があったので、状態が良いのも十分に残ってます。とりあえず一軍と二軍に別けて種まき!

↓一軍

ジャックフルーツの種子、Jackfruit seeds


↓二軍

ジャックフルーツの種子、Jackfruit seeds


前回の経験から、ジャックフルーツの種は戦闘機のコクピットみたいな部分がパカッと開いて発芽するので、その部分が上になるようにして並べています。

↓「コクピット」部分はうっすらとスジが入っているので分かります(右上の部分)。

ジャックフルーツの種の向き、Jackfruit seed sowing position

あ、ちなみに種の長さは3cmくらいです。

あとは待つべし待つべし。ちゃんと芽が出てくれるといいな〜。Julia Morton先生によれば発芽には3〜8週間かかるとのこと。前回は種をもらった時にすでに根っこが出かかってたので2週間で芽が出ましたが今回はどうかな??

なあんて、すでに結果は知っているのですが(^^;) じつはこの後けっこうすぐに発芽しました。その様子はまた次回!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-11-01 16:49 | ジャックフルーツ


<< ジャックフルーツの発芽 発芽したライチのその後 >>