コブミカンも接木!(寄せ接ぎ)
あいかわらず成長が遅いコブミカンです。

コブミカン, Kaffir Lime

アゲハの幼虫にたかられたあとがまだ生々しく残っています。つまり夏以来、ほとんど成長していません。寒くなってからは温室に入れているのですが。

こちらは台木用にと思って種をまいていたレモンです。

実生レモン、lemon sprouts

さすがにもう植え替えないとダメですね。

実生レモン、lemon sprouts

でも鉢数を増やしたくないので、えーい、もう寄せ接ぎしちゃえ!

やり方はチェリモヤアテモヤの時と同じです。でもなにせ苗が3〜4cmしかないのでやりづらい。根元を掘るのも竹串で。

コブミカン, Kaffir Lime

そこにレモンを植え付けて、接合面を削って、セロテープで結束・・・

コブミカン, Kaffir Lime

と思ったらセロテープがもうなかったので、接木テープでしばりました。これも幹が細いので一苦労。かなり適当です。。。

接木テープでしばるだけじゃさすがに結束が甘そうなので、次の日にクリップでとめました。

コブミカン, Kaffir Lime

さてさてどうなることやら。あ、とりあえずこれで寄せ接ぎネタは一段落です。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-12-31 14:57 | コブミカン(バイマックルー) | Comments(2)
Commented by Reveille at 2010-06-15 16:45 x
自分と同じことを考えている方がいらっしゃると言うのは何とも不思議で、面白いものですね~。
私も日本のブルーベリーと言われるシャシャンボとブルーベリーの中で一番大きい実のチャンドラーと言う品種の実生を寄せ接ぎしようと思って挑戦したのですが、細すぎてクニっとか曲がっちゃって・・・。
何か良いものがないかと極細いワイヤーでもダメだったし・・・(^ ^;)
なるほど~、セロテープとか接木テープですか。
で、その後の様子、宜しかったら教えていただけますでしょうか。
Commented by papaya_gyunyu at 2010-06-15 21:25
>Reveilleさん
チャンドラーは500円玉サイズの実がなるやつですね!
じつは以前に苗の購入を検討したことがあります。
でもスペースオーバーなのであきらめました (^^;)
シャシャンボとの接木、面白いですね〜。
この記事のコブミカンは2ヶ月くらいで接合部が活着しはしたのですが、
その後、枯らしてしまいました。冬場の管理の問題です (TT)
その後、また種子が手に入ったので、ふたたび育てています。
またそのう寄せ接ぎしようと思っています。
でもやっぱりもうちょっと大きくなってからのほうがやりやすいですね。


<< ポポーのあえない最期 サポジラも接木!(寄せ接ぎ) >>