アタウルフォ・マンゴー(Ataulfo mango)
ハワイで見たマンゴーの木について書いたので、ついでにハワイで食べた(のにハワイ産ではない)マンゴーの話もアップします。

以前にカリフォルニア在住の"とまと姉さん"さんから美味しいとコメントがあって以来、ずっと食べてみたかったメキシコ産のアタウルフォ・マンゴーをハワイのスーパーで見つけたのです。

なんだか面白いですよね。シーズンオフだった(ハワイに行ったのは去年の5月下旬)とはいえマンゴーの産地のスーパーに輸入物のマンゴーが並んでいるとは。

何はともあれ、もちろん即ゲット!

Ataulfo mango

きれいなマンゴーイエローですね。右側のはちょびっと緑色がかってますが。

いい感じに柔らかくなっているので、さっそく切ってみると・・・あれ?!

Ataulfo mango damaged by refrigeration

果肉に黒っぽくなってる部分があります。スも入ってしまっているし、どう見ても正しい姿ではありません。明らかに低温障害ですね。流通過程で冷やし過ぎましたね。

念のため変色していない部分をなめてみましたが、すっぱ!(><)
バルサミコみたいな変な臭いもします。こりゃダメだろ〜。
泣く泣く廃棄処分。ガックシ。

・・・

ハワイ気分の余韻も薄れた6月のこと、たまたま行った渋谷で例によってデパ地下フルーツコーナーや果物屋をチェックしていると、なんとフレッシュ大和田でアタウルフォ・マンゴーを発見! もちろんさっそく購入。

Ataulfo mango

お店ではメキシコ産マンゴーとしか書かれていませんでしたが、この色、この形、間違いないですね。シールにURLが書いてあったのですが肝心なところがちぎれていて関連情報は得られず。

さてさてリベンジなるか・・・ぬぉっ!!

Ataulfo mango damaged by refrigeration

またです。
懲りずにまた念のため味見してみましたが、すっぱ!(><)
そしてまたバルサミコ臭が。。。

どうもアタウルフォ・マンゴーは冷蔵に弱いようです。輸入技術もまだ確立されていないのでしょうね。

業者のみなさん、アタウルフォ・マンゴーの美味しさをぜひ日本に届けてください!

以下は以前に調べた情報です。

☆アタウルフォ・マンゴー(英語的発音だったらアトルフォかな?)☆
・メキシコ南部のChiapas州出身の実生選抜品種。
・カラバオ(ペリカンマンゴー)の交雑種。
・甘味が強く濃厚で美味しい。
・繊維質が少なく口当たりがなめらか。
・実は小振りだが種が薄いので食べる部分は多い。
・アメリカでは"Champagne mango"や"Manila mango"の名前で売られることもある。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-01-21 14:47 | マンゴー(その他)


<< ビーチマンゴーパイ パイナップルの花芽(12日目) >>