コーヒーの生果実が届く!
屋久島で熱帯果樹園づくりをされているgaraさんがスイートタマリンドの種以外に送ってくださったものの第一弾です!

じゃ〜ん。コーヒーの生果実です。

コーヒーの果実(コーヒーチェリー)

コーヒーチェリー(coffee cherry)とも呼ばれます。

↓果肉を半分だけ取り去ってみました。

コーヒーの果実(コーヒーチェリー)の果肉を半分とったところ

この果肉は甘みがあって食べられるそうなのです。

コーヒーの木は日本でも鉢植えでもよく売られていているので果実を見かけることはありますが、食べる機会は自分で育てていない限り、そうそうありません。というわけでさっそく食べてみました!!

ふむふむ、あ、たしかに甘みがある。
でもコーヒー生豆特有の臭みが果肉にもあって、じゃっかん気になるなあ。
しいて例えるならば、完熟して甘みが出た赤ピーマンの味といったところでしょうか。

その話をさっそくJoseにしてみたら、収穫からちょびっと時間が経ってしまったのではないかとのこと。とれたてであれば普通に美味しいそうです。やはり屋久島から横浜までの道のりは長かったみたいです。やっぱり自分で育てるしかないですね!

なにはともあれ、この貴重な機会をくださったgaraさんに感謝です!!

あ、ちなみにコーヒー生豆の臭いは焙煎したコーヒーの香りとはまったく違います。
あのコーヒーの素晴らしい香りは熱を加えてはじめて出るのです。

さてさて、残りの果肉も全部取り去ってみました。

コーヒーの果実(コーヒーチェリー)の果肉を完全に取り去ったところ

1つのコーヒー果実(コーヒーチェリー)には2つの種子(コーヒー豆)が入っています。向かい合わせにくっついた状態で出てきます。

まわりはヌルヌルしてます。

↓パカっと開くとこんな感じになります。

1つのコーヒーの果実(コーヒーチェリー)には2つの種子(コーヒー豆)が入っている

コーヒー豆らしくなってきましたね。でもまだ半透明の薄い殻をかぶってます。この薄い殻はパーチメント(parchment)とも呼ばれます。羊皮紙を意味する英語です。

↓このパーチメントを取り去るとこんな感じです。

パーチメント(薄い殻)を取り去ったところ

もうだんぜんコーヒー生豆ですね。

↓裏側を向けるとこんな感じです。

パーチメント(薄い殻)を取り去ったところ(反対側)

でもまだ薄皮がついてます。この薄皮はシルバースキン(silver skin)とも呼ばれます。焙煎後のコーヒー豆にもついてることがあります。味にはあまり関係ないようです。

↓シルバースキンを取り去るとこんな感じ。

シルバースキン(薄皮)を取り去ったところ

生の(乾燥させていない)コーヒー生豆のできあがり!

↓ちなみに裏側はこんなです。

シルバースキン(薄皮)を取り去ったところ(反対側)

すこしシワが寄ってますね。

↓生の生豆と焙煎豆を並べてみました。

未乾燥の生豆と焙煎豆

ちなみに普通の生豆(乾燥済みの生豆)の写真は以前の記事にあります(→こちら)。

次回は種まき編です!
明日あさっては伊豆に行くのでブログはお休みです。

コーヒーの生果実を提供してくださったgaraさんのブログ→『島の果樹園
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-05-13 23:41 | コーヒー


<< 伊豆の旅 〜爪木崎〜 シャカトウに花芽はつくか?? >>