スイートタマリンドを食べる!
伊豆から帰ってきて、土曜日は横浜のアフリカンフェスタ、日曜日は代々木のタイフェスタに行きました。

アフリカンフェスタのほうは、ブース出店している友人から連絡が来て、ようやく「あ、もうそんな時期か」と思い出しました。ついでにイヤなことも思い出しました。まだ去年のアフリカンフェスタで買ったバオバブの種をまいてなかった・・・

タイフェスタのほうも去年も行きましたが、今年の狙いはドリアンではありません。スイートタマリンドです!

タマリンドについては、料理に使う酸味系統と、生食に向く甘味系統(スイートタマリンド)があり、酸味系統(サワータマリンドと呼ぶことにします)も食べてみたら意外に美味しかったので育て始めたことは、以前に書きました(→『タマリンドの種をまく』)。

去年のタイフェスでも生食用のタマリンド果実が売られているのを見てましたが、その時はまったく興味が無かったので、サラック(スネークフルーツ)とともに普通にスルーしました(その時の様子はこちら)。

サワータマリンドでさえ美味しいのなら、スイートタマリンドはどんだけ美味しいのか?? それを確かめるべく、今年は、あれだけ好きなドリアンそっちのけでスイートタマリンド狙いです!

というわけで、あっけなくゲットしたスイートタマリンド果実がこちらです。

スイートタマリンド果実

長いもので12cmくらいです。

指で軽く押してやるとパリパリっと簡単に殻が割れます。

スイートタマリンド果実

殻をぜんぶ取り去るとこんな感じになります。

スイートタマリンド果肉

果肉のまわりには、これまた簡単に取れるスジが付いてたので、それも取り去りました。

見た目はだんぜん干し柿ですね。色も質感もそっくりです。気になるお味のほうは・・・

ふむふむ、ふむふむ。
あ、甘〜い!! でもちゃんと酸味もある!!
これは想像してたとおりに美味しい!!(^O^)

ドライプルーンの味を想像していただけば、かなり近いと思います。
あるいは、「のし梅」(私の好物)の酸味を少し抑えめにした感じです。
感動するほど美味しいとは言いませんが、私はだんぜん好きです。
おやつに普通に食べたいです。

中からは1cm以上ある硬い種がゴロゴロ出て来ます。

スイートタマリンド種子

種のまわりの皮は若干ゴソゴソします。

ところで、酸味系統とおぼしき果実も売られていたので、比較のために買って来ました。下の写真の左側がそれです。右側はスイートタマリンドです。

サワータマリンドとスイートタマリンド

こちらもスイートタマリンドと同じようにパリパリ割れるのかと思いきや、硬っ!

ポキっと折ってみると、下の写真の左側みたいになってます。でもなかには右側みたいにグチャグチャになった梅肉みたいなのもありました。

サワータマリンド果肉

どちらも劇的に酸っぱいことにはかわりません。だんぜん酸味系統ですね。左側のほうは青臭さを感じます。まだ未熟なのでしょうね。右側のほうは、そのままでも料理に使えそうですし、もっと乾燥すれば料理に使うカタマリ(→写真)みたいになりそうです。

左側の硬いほうをどんなふうに使うのか、お店の人には言葉が通じず聞けなかったのですが、一緒に行った友人が知り合いのタイ人に後日聞いてくれました。

それによると、生のタマリンド(酸味系統の未熟のタマリンドという意味だと思います)は使い道があまりなく、料理にもあまり使わないそうです。「なんでアレを売ってるのかわからない!」とのことです。どうりで1袋買ったらもう1袋ついてきたわけだ! ┐( ̄ヘ ̄)┌

スイートタマリンドのほうは木にならせたまま半年くらい乾燥させてから収穫するそうです(→『フルーツフル・サンデー』)。サワータマリンドのほうはどうなのでしょう。もしご存知のかたがいらしたら教えてください。

さてさて、こちらが3月末に発芽したサワータマリンドです。

サワータマリンド苗

植え替えの(というよりその前に落とした)ショックでしばらく成長が止まってましたが、ようやくまた伸び始めたようです。

そしてこちらは水につけていた、garaさんからいただいたスイートタマリンド("ジャンボ種")の種子です。

スイートタマリンド種子

3個のうちの2個は良い感じ(?)にフヤけてヌルヌルになってます。そろそろまこうかなあ。でもまだ1個はカチカチのままだなあ。

タマリンドとは関係ありませんが、タイフェスタの会場にこんな着ぐるみが!

ドリアンの着ぐるみ

ほかにも、マンゴー、バナナ、お米、マンゴスチンの着ぐるみを確認しました(笑)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-05-20 23:36 | タマリンド


<< スイートタマリンドの種まき 伊豆の旅 〜爪木崎〜 >>