カテゴリ:カシューナッツ( 10 )
カシューナッツの最期
2008年に種まきしたカシューナッツ。2009年は一匹減り、また一匹減りを繰り返し、2010年にはとうとう最期の一匹を残すのみになってしまいました。
d0116493_17414255.jpg
この最後の一匹も明らかに葉色が悪いですね。根腐れを起こしているようです。

そしてこの後、この最後の一匹も体調が戻ること無く枯れてしまいました。

冬場の光量不足が原因かなと思います。温度は最低15℃はキープできていたと思います。温度はあるのに光量が足りず、古い葉を落とし、新しい葉が出ては枯れ出ては枯れを繰り返し、水を吸い上げることができなくなって根腐れをおこし・・・といったところかなと思ってます。それでもすぐに枯れるわけではないので本来は丈夫な植物なのでしょうね。

冬場にライティングしないのであれば、むしろ温度を下げて水やりも控えて休眠させちゃったほうが良かったのかもしれません。まあ後のお祭りです。とほほ(TT)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-14 19:41 | カシューナッツ
大晦日のカシューナッツ
今年最後のアップ。

カシューナッツの苗、cashew seedlings

身長は30cmくらいになりました。

では良いお年を!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-12-31 23:58 | カシューナッツ
カシューナッツにアブラムシが!
ついでに今日のカシューナッツたちの様子もアップします。

カシューナッツ(カシューナットノキ)の苗, cashew nut tree seedlings

特に写真右側のほうの苗の葉っぱがガサガサしていてます。左側のほうの苗の葉っぱはスベスベしていてマンゴーみたいですが。

なにせカシューナットノキを育てるのは初めてなので、こんなものなのかなあと思っていたのですが、よくよく見たら・・・

アブラムシ!!

カシューナッツ(カシューナットノキ)の苗につくアブラムシ, cashew nut tree seedlings with aphis

むー、やはりいましたかー。
おかしいとは思っていたのですが。

とりあえず「粘着くん」をかけてみました。
まあアブラムシごときは水で洗い流せば良いのでしょうけど。

今後は注意して見なければ。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-06-22 22:00 | カシューナッツ
断食に耐えたカシューナッツ
ハワイに行っていた5日間でアボカド君たちの新芽がモヤシみたいに生白くなってしまったことを書きましたが、じつは一番心配していたのは発芽したてのカシューナッツたちでした。

こちらが5月23日の出発直前のカシューナッツたちの様子です。


太陽の光りを浴びてイキイキしています。この後に部屋に取り込みました。

こちらが帰国後の5月29日の写真です。


アボカドたちほどではありませんが、うす緑色になってしまいましたねー。
こちらも2〜3日で完全に回復しましたが。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-06-22 21:59 | カシューナッツ
カシューナッツの発芽の様子 part 4
とうとう殻がとれました!


別の角度からもう1枚。


踊ってるみたいですね(^^)

種を送ってくれた義兄(ブログ「旅をする木」のasiantyphoonさん)が撮った、フィリピンのジャングルでの発芽の様子にだいぶ近づきましたねー。

ちなみにもらった種は、8個中7個が発芽したので、発芽率は9割弱(87.5%)でした。悪くないですね。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-20 22:04 | カシューナッツ
カシューナッツの発芽の様子 part 3
またまたカシューナッツの様子をアップ。


もうちょっとです。あと一息で殻がとれます。
もう双葉のあいだに本葉が見えています。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-20 01:39 | カシューナッツ
カシューナッツの発芽の様子 part2
きのうに引き続きカシューナッツをアップ。


こんどは一生懸命、殻を脱ぎ捨てようとしてます(^^)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-18 23:05 | カシューナッツ
カシューナッツの発芽の様子
ドリアンねたが続きましたが、先日発根したカシューナッツ(カシューナットノキ)にも変化がありました。

↓これが先週木曜日(15日)の写真。


↓そしてこれが先週金曜日(16日)の写真。


よっこらせっと、重い体を持ち上げて起き上がりました(^^)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-18 03:17 | カシューナッツ
カシューナッツが発芽!
カシューナッツ(カシューナットノキの種)がさっそく発根しました!


同じウルシ科だけあって、マンゴーの発根にそっくりですね。ついついマンゴー同様に殻を取りたくなりますが、あぶないあぶない。かぶれちゃいますからね。

写真左上の種の根っ子は黒ずんでしまっています。過湿にやられてしまったのでしょう。いつもどおり、湿らせたキッチンペーパーにくるんで電気温水器の上にのせて置いたのですが、この方法も考え直さなきゃな。ものすごいスピードで発根するけど、腐ってしまう可能性も高まります。でもまずはセッカチを直さなきゃダメかな?(^^;)

ちなみにカシューナットノキは、大きくなってからもマンゴーと同じで過湿に弱く、炭疽病にかかりやすいそうです。気をつけねば。

とにもかくにも、プラコップに赤玉土を入れて植えてあげました。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-10 15:12 | カシューナッツ
カシューナッツの種が届く!
フィリピンにいる義兄から今度はカシューナッツの種が届きました! 

カシューナットノキの種(カシューナッツ), Chashew seeds

カシューナットノキ(Anacardium occidentale)の種と言うべきかな? つまりは殻付きの生のカシューナッツです。勾玉(まがたま)っぽいですよねー。面白い形をしています。カシューナットノキは実のなりかたも変わっています。義兄のブログ「旅をする木」に写真があります。

カシューナットノキはマンゴーと同じウルシ科です。種の殻の内側にウルシオールと呼ばれる樹脂(漆の原料になる)がついていて、触るとかぶれるそうです。昔、インドネシアで地元の人に食べさせてもらった時には、殻付きの生のカシューナッツを焚き火の中に放り込んで、殻が炭みたいに真っ黒こげになるまで焼いてから中のナッツを取りだしていました。

種まきの方法については、インターネットで調べても特に注意点は出てこなかったので、とりあえず普通に一昼夜水に浸けてからまけば良いかな。動物や昆虫に種を食べられてしまう可能性がある場合は、ヘタが上になるようにして5〜10cmの深さにまくと良いそうです(双葉が土の上に出なくなる)。動物たちは、かぶれないのかなあ??

カシューナッットノキは、耐寒性が弱いことをのぞけば、育てるのはそれほど難しくはなさそうです。種から育てても早ければ2年で実がなるらしいです。こりゃ楽しみですね!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-05 23:58 | カシューナッツ