カテゴリ:アテモヤ( 9 )
アテモヤ 人工授粉失敗
先日人工授粉したアテモヤの一番花、ダメでした (>_<)
d0116493_20383137.jpg
まだつぼみはたくさんついてるので、今年は数で勝負です!047.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-06-21 20:26 | アテモヤ
アテモヤが開花! 〜人工授粉
今朝チェックしたら開花してました!
d0116493_19571744.jpg
まだ半開きなので雌ステージですね。

まるさん方式で人工授粉してみました。
d0116493_19572018.jpg
こんな感じかな? まだ開ききっていない花びらをむしるのはちょびっと罪悪感がありますね。まあまあ。さて、うまくいくかな?
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-06-14 20:17 | アテモヤ
アテモヤのつぼみ
今年はアボカドだけじゃありませんよ!

現時点で10個くらいついてるアテモヤのつぼみのうちの1つがだいぶ大きくなってます。
d0116493_22361779.jpg
そろそろ咲きそうですね045.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-06-07 22:44 | アテモヤ
アテモヤのつぼみ その後
先月記事にしたアテモヤのつぼみは、どうも咲かないうちに落ちてしまったようです。

先月(4月)のはじめから屋外に出しっぱなしにしていたのですが、さすがに寒かったかもしれません。木がまだ小さいこともあるだろうとは思いますが。

それでも新しい花芽がでてきてます。
d0116493_14554975.jpg
おもしろいですね。一度花をつけるようになると、次から次へと花芽をつけるのですね005.gif

まあこんな小さい木に無理させてもしょうがないので、しばらくは静かに見守ることにします。なあんて、ほんとにそんなことができるかな〜?011.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-05-16 20:54 | アテモヤ
アテモヤにつぼみ!
先月のはじめに、一番年長のアテモヤに花芽がついているのを発見しました024.gif

2007年2月に食べた与論島産アテモヤの種から育ったやつです。

■3月2日の写真
d0116493_11143084.jpg
上の写真のような小さな花芽が3つ見つかりました。
d0116493_11143136.jpg
もう4才2ヶ月になりますが、まだ背丈は65cmです。去年の暮れに室内にとり込むときに切り戻し剪定をしたからというのもありますが、それにしてもですよねー。まったく期待していなかったぶん、余計びっくりです005.gif

■4月6日の写真
d0116493_11143493.jpg
ひと月たった現在の様子。もうしっかりつぼみになってます。
d0116493_11143246.jpg
よくよく見てみたら、つぼみの根元にさらに新しい花芽ができてました。つぼみは全部で6〜7個になりそうです。

ほんとは今年はまだ木の生育を優先させるべきなのでしょうけど、せっかくついたつぼみをむしれるほどの胆力が私にはまだありません。ま、仮に実がついたとしても途中で落ちちゃうかもしれないし、とりあえず人口受粉の練習ということで011.gif

ちなみにうちにはもう2匹、種から育てているアテモヤがいます。
d0116493_12454211.jpg
左側のは2才1ヶ月の"切り花アテモヤ"(身長50cm)、右側のは1才9ヶ月の"グッドルッキングなアテモヤ"(身長27cm)です。うーむ。。。025.gif 

ところで、アテモヤはチェリモヤとシャカトウのあいの子(交配種)ですが、うちの3匹はどれも葉っぱが細長いのでシャカトウ似ですね。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-07 22:56 | アテモヤ
アテモヤの種をもらう
“カスタードアップル”の種をもらいました。

こんな果実だったそうです。
d0116493_10405893.jpg
これはたぶんアテモヤですね。なかなかに美しい026.gif 

アテモヤというともっとブサイクなの(→こんなの)を私は思い浮かべますが、こういう整ったのもあるようですね。こういう品種なのでしょうか。授粉具合でしょうか。
d0116493_1041717.jpg
うっは、おいしそ!045.gif

まいてみよ〜!070.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-07-16 22:06 | アテモヤ
アテモヤの切り花??
この前の日曜日は、神楽坂にある『フラスコ』というギャラリーに行きました。フラワー&ガーデンデザイナーの瀬田さんがグループ展を開催していたからです。

まず飯田橋駅で降りるなり駅ビルに入っている三浦屋で『ふるさとレモン』をゲット。最近テレビで紹介されているのを見た義兄から話を聞いて飲んでみたいなあと思っていたのです。

それから久しぶりに訪れた神楽坂を登っていきました。大久保通りを渡ってさらにちょっと行ったところに『フラスコ』はありました。神楽坂駅のすぐそばです。中をのぞくと人がいっぱい! 大盛況です。


今回はイラストと紅茶と焼き菓子とフラワーのコラボです。こんなふうに1つのまとまった空間を分野の違う4人で作り上げられるって素晴らしいですね。

下の写真3枚は瀬田さんの作品です。


↑新手のヒヤシンス?? 根元のモコモコしたコケがいい感じです。


美しいですね〜。


日食オーツ、ナイスですね〜。多肉のムチムチ感と良く合ってますね。

ひととおり見終わってギャラリーを出た時にはもうお腹がペコペコです。ギャラリーに着いた時にすでにお昼を過ぎてましたからね。というわけでちょっと戻ったところにあった鳥屋さんで焼き鳥を買い食いしてから帰途につきました。

・・・なあんてさわやかに書いてきましたが、じつは今回瀬田さんに会いに行ったのには裏の目的があったのです。それがこれです!


アテモヤです。
相変わらず写真映えしませんが、いい感じに熟して真っ黒になってます(笑)

なんとこのアテモヤ、切り花の卸市場で見つけたそうなのです。どこ産なのか、何用に置いてあるのかなどの説明は一切なかったとのこと。最近は花束にミニパイナップルが入ってたりしますが、ひょっとしたらそういう感じで使われることを想定して置いてたのかもと瀬田さんは言ってました。アテモヤ入りの花束なんて笑っちゃいますね!

大きさはアテモヤとしては普通でしょうか。チェリモヤとくらべると小さく感じますが、これくらいのサイズのしか食べたことがありません。


うちにあった他のフルーツ(アボカド、ネーブル、紅玉)とくらべてみても小さ目です。

なにはともあれ、さっそく切ってみると・・・


あらら、下のほうはちょびっと傷んでますね。でもそれ以外の部分は大丈夫そう。

では、いっただっきま〜す!

ふむふむ。

おお、甘い! 正しくアテモヤです。
洋梨のコンポートにちょこっとだけクリームを添えた感じかな。
梨みたいにシャリシャリがあって、わずかに酸味とクリーミーさがあります。

種は17個はいってました。


とりあえず播いときますか。

瀬田さん、いつもながらありがとう!!

瀬田さんのブログ→『FLOWER & GARDEN チャクラ フランス便り
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-03-04 23:27 | アテモヤ
アテモヤ疑惑のチェリモヤも接木する!(寄せ接ぎ)
前回、"正しいチェリモヤ"を、あまっていたシャカトウの苗に寄せ接ぎ(approach grafting)した話を書きました。

"正しいチェリモヤ"と一緒に育てていたのが"アテモヤ疑惑のチェリモヤ"です。お店の人はチェリモヤと言い張っていたけどどう見てもアテモヤだったやつ(詳しくは以前の記事ご参照)の種から育った苗です。

こちらも"正しいチェリモヤ"同様、あいかわらず成長はビミョウ。。。

アテモヤ疑惑のチェリモヤ

こちらも発芽から1年半でようやく草丈45cmって、成長遅すぎですよね。

というわけで、こちらも寄せ接ぎでGO!

手順は前回とまったく同じです。まずは根元に穴を掘ります。

根元に穴を掘る

そこにあまっていたシャカトウの苗を植え付けて寄植えにします。

シャカトウを寄植えにする

接合面の表皮を緑色の部分が出て来るまで削ります。

接合面を削る(アテモヤ側)

相方のほうも同じように削ります。

接合面を削る(シャカトウ側)

接合面をくっつけてセロテープで固定します。

接合面をくっつけて結束

接合部分を接木テープ(あるいはセロテープ)でぐるぐる巻きにしたら出来上がり!

癒合を待つ

あとは癒合するのを待つべし!

この作業も実際におこなったのは10月です。この後は室内に入れています。でもほんとはやっぱり春におこなうのが良いのでしょうね。ま、寄せ接ぎは何回失敗してもやり直せますからね!

あ、ちなみにアテモヤというカテゴリを新設しました。"アテモヤ疑惑のチェリモヤ"は、もうこれからはアテモヤとして育てます。葉っぱも細長くてチェリモヤと全然違いますものね(むしろシャカトウ似ですね)。

過去のアテモヤ関連記事:
チェリモヤ??』(2007/02/19)
アテモヤ』(2007/04/27)
疑惑』(2007/05/01)
今日のチェリモヤ』(2007/05/09)
最初が肝心』(2007/05/17)
今日のチェリモヤ』(2007/06/28)
ちなみに・・・』(2007/12/09)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-12-26 15:55 | アテモヤ
アテモヤ
d0116493_22452824.jpg

↑前にスターフルーツのところで載せた写真です。
2006年11月28日の写真です。
写真左下が与論島産のアテモヤです。

d0116493_22472541.jpg

ご覧の通り、チェリモヤを圧倒する写真写りの悪さです。
うちでは追熟中にバフン呼ばわりされてました。

甘みが非常に強くて美味しかったけど、小さいし、チェリモヤの広がる風味が欠けてるように思いました。甘さが浮いている感じがするんです。これだったらやっぱりチェリモヤの方がいいな。まだこれ1個しか食べたことないから決めつけるには早いかもしれないけど。

d0116493_22473764.jpg

タネはチェリモヤと区別がつきません。

じつは一応、このタネもまいたのですが、現時点までに芽は出ていません。
でも正直チェリモヤの方がいいなと思ってたので良かったかも。。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-27 23:00 | アテモヤ