カテゴリ:マカデミアナッツ( 7 )
元気だね〜
マカデミアナッツ(マカダミアナッツ?)たちにとっては、この寒さも取るに足らないようです。

冬でも元気なマカデミアナッツ, macadamia nut tree growing in winter

あいかわらず新葉をどんどん展開しています。もちろん室内には入れてありますが。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-02-07 22:40 | マカデミアナッツ
"卒業"
d0116493_232146100.jpg

マカデミアナッツ9匹の近況です。
夏を越えてずいぶんと成長に差がでました。

寒さに強いマカデミアナッツですが、さすがに冬は家の中に入れてあげたいので、成長が芳しくない4匹は切り捨てることにしました(ノД`;)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-10-31 23:58 | マカデミアナッツ
親分
タマリロについていたハモグリバエを倒してから、ふと目を上げるとマカデミアナッツの1匹の葉っぱに食われた痕が・・・
d0116493_212216.jpg

食べたのはどこのどいつだと探していると、うっかり叫び声を上げそうになりました。根元のところに5cmくらいあるシャクトリ虫が(*0*;)!!

しかしよくマカデミアナッツの葉っぱなんか食べるなあ。ギザギザしてるし固いし食べづらいだろうに。でもこのくらいの大物になると、タマリロの葉っぱなんかじゃ体重を支えられないのかもしれません。

実は一応、写真にはおさめたのですが、公共の福祉のために割愛します。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-05-27 21:27 | マカデミアナッツ
マカデミアナッツの殻割り機
成長記録とは関係ないですが、マカデミアナッツの殻割り機をネットで見つけました。
http://item.rakuten.co.jp/otokonodaidokoro/fd-sm-61-002/

こんなのもあるんですね〜。「硬いマカダミアナッツの殻は、殻割機が無いと中のおいしいマカダミアナッツが召上れません」と書いてあります。マカデミアナッツ(マカダミアナッツが正解??)の殻はクルミより厚いし小さいから、確かに普通には割れないだろうなあ。

マカデミアナッツの芽はこの硬い殻を真っ二つに割って出て来ます。エラいですねえ。うちのマカデミアナッツ君たちが発芽した時の抜け殻です↓
d0116493_11145891.jpg

内側がツートンカラーになっててちょっとかわいい↓
d0116493_11165040.jpg


ちなみに実生の(=タネから育てた)マカデミアナッツに実がなるまでにはハワイでも8年かかるそうです。少し古い本ですがいつも頼りにしている(というよりこの手の本が他にあまりない)「熱帯果樹と花木の鉢作り」(誠文堂新光社)には10年〜12年と書いてあります(さらに「鉢植えでは結実しにくい」と書いてあります!!)。

殻割り機がうちで必要になるのは当分先ですね。かなり気が早かったな(^ ^;)ゞ  

ま、気長に行こう!!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-05-04 11:24 | マカデミアナッツ
発芽率
d0116493_2110077.jpg

結局、13個中、10個が発芽。
という訳で、発芽率は77%。
まずまずかな。
ただし1匹はseedbedでひからびてしまっていたので、現在9匹です。

芽吹きたての葉っぱはビックリするくらい柔らかいのに、少したつとビックリするくらい硬くなります。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-17 21:20 | マカデミアナッツ
発芽スピード
d0116493_1673951.jpg

マカデミアナッツは発芽時間にずいぶんバラツキがあるなあ。
現在、13個中、4個発芽。
一番最初に発芽したやつはもう一丁前に苗になってます。

なぜかみんな、最初の芽は必ず途中で腐って枯れてしまう。すぐにまた新しい芽が出て来て、そっちが成長するから問題ないのだけど。

seedbedから出してポットに植え替えるのがショックになっているのだろう。植え替え後にラップを被せて湿度をキープしてあげでも枯れてしまうから、原因はたぶん温度差。ポットを入れてる温室は20℃に設定してあるけど、電気温水器の上に置いているseedbedは、もっと温度が高いのだろう。
d0116493_16114020.jpg

[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-02-12 14:00 | マカデミアナッツ
マカデミアナッツの種まき
d0116493_10561729.jpg

マカデミアナッツの種をもらいました。

子供の時にもハワイのお土産で種をもらって植えてみたことがあったのですが、その時は5個くらいあったと思いますが1個も発芽しませんでした。

今回は13個ももらったのですが、この固い殻につつまれた種を見ていると、芽が生えそうな気が全くしません。

何かコツは無いのかとインターネットで調べると、ありました! California Macadamia SocietyのOnlineライブラリーで、種まきの際の注意事項を記した文書(→こちら)を見つけました。

ようは、

1. まく前に2〜3日水に浸けるべし。
2. ヘタが水平方向を向くようにして埋めるべし。
3. 発芽完了までは24℃以上に保つのが望ましい。

とのことです。

というわけで、さっそく水に浸けます。
d0116493_11472948.jpg

マカデミアナッツは植え替えを嫌うので、深さが30cm以上ある鉢に種を植えた方が良いとのことですが、いきなり10号鉢を13個も並べるわけにもいかないので、seedbed(深さ7cm)に播種→芽が出たら底に穴をあけたプラコップ(深さ13cm)に植え替え→根が底に届いたら5or6号鉢に植え替え、で行こうと思います。

植え替えまくりじゃん!!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2006-11-13 22:05 | マカデミアナッツ