<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
謎のタネ
d0116493_232366.jpg

何のタネだか分からないタネをもらいました。
くれた当人は、果実が紫色してたからマンゴスチンだと言い張ってたけど、明らかに違う。

でもこんなタネ、見たことないなあ。
唐辛子のタネの表面にごくごく細かい毛が生えて銀色に光った感じ。
多分、食べたことない果物だなあ。

食べたことがない果物で紫色をしているって、スターアップル??

何はともあれ、まいてみよー!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-03-16 20:01 | タマリロ
ランブータンの種
d0116493_17401841.jpg

ランブータンの種をもらいました。

ランブータンっておいしいですよね! ようは"毛むくじゃらなライチ"(写真はこちら)なのですが、ライチよりも味が濃くて美味しい印象があります。生のライチをあまり食べたことがないからかもしれませんが。

さっそくPurdue大学のCrop IndexでRambutanをチェック。やっぱり頼りになるのはJulia MortonのFruits of warm climates。でもそこにはキビシイ表記が。。。

つまりランブータンの木には雄雌があり、基本的には両方必要とのこと。実生で雌が発生する確率は4割程度で、それなりの収穫量を生むようになるものは、その中の5%に満たないので、接木は必須とのこと。

ま、そんなことでめげていては実生人(ミショウジン←そんな言葉はありません)は語れない。取りあえずまいとこー!!

種は3個もらったのだけど、1個は洗っている時に誤って真っぷたつに折ってしまった。雄雌の発生確率を考えるとイタいなあ。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-03-16 19:24 | ランブータン
ジャックフルーツ
d0116493_12403491.jpg

ジャックフルーツの種をもらいました。
もう芽が出かかっているのもあり、期待大です。

ジャックフルーツって、世界最大の果物だし、見た目はドリアンのオバケという感じだけど味は甘酸っぱくてさわやかで美味しいから、日本でも人気出そうなのに一度も売っているのを見たことがない。

このジャックフルーツ、California Rare Fruit Growersの"Fruit Facts"によれば、かなり耐寒性があり、成木であれば-3℃近くまで耐えるらしい。

Julia MortonのFruits of warm climatesによれば、実がなるまでに通常は4年〜14年(早い品種だと2年半〜3年半)かかるらしい。ずいぶん年数に開きがあるなあ。

ま、期待しないフリして内心は猛烈に期待しながら(←なんだか恋の駆け引きみたいですな)、気長に行こうかー
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-03-16 19:23 | ジャックフルーツ