<   2007年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
バンレイシの種
d0116493_21154620.jpg

バンレイシ(Annona squamosa)のタネをもらいました。マダガスカル産です。

バンレイシ、シュガーアップル(sugar apple)、釈迦頭(buddha head)、アテス(ates)など、色々な呼び名がありますが、どれも通りがイマイチです。

そもそもバンレイシって何語??

でも日本ではバンレイシが一番標準的な呼び名だと思うので、通りも響きも悪いけど、とりあえずここではバンレイシと呼びます。

バンレイシを初めて見たのがインドネシアだったことや台湾でも多く栽培されていることなどから、何となくアジアの果物のイメージがありましたが、Julia MortonのFruits of warm climatesによると、原産地は中南米のようで、東南アジアには16世紀頃にスペイン人がもたらした可能性が高いそうです。

バンレイシはチェリモヤと同じバンレイシ科ですが、アンデスの高原出身のチェリモヤとは違い、高温を好み、寒さには弱いようです。バンレイシとチェリモヤのあいの子がアテモヤです。米国の農務省(USDA)が1908年に人工交配して作出したのが最初とのこと。

↓写真左がバンレイシ、中がアテモヤ、右がチェリモヤのタネです。
d0116493_22321174.jpg


ちなみに、北米原産の温帯果樹であるポポーもバンレイシ科だからチェリモヤと人工交配させることができるのかなあ??  ポポーの耐寒性とチェリモヤの美味しさを引き継いだ品種ができたらおもしろいですね。

ネットで調べてみたら、やっぱり同じことを考えてる人はいるみたいです(→GardenWeb)。まだ成功したっていう話ではないようですが。

何はともあれ、まいてみよー!!
実生でも2〜4年で実がなるそうです。楽しみ〜。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-29 22:39 | バンレイシ(釈迦頭)
アテモヤ
d0116493_22452824.jpg

↑前にスターフルーツのところで載せた写真です。
2006年11月28日の写真です。
写真左下が与論島産のアテモヤです。

d0116493_22472541.jpg

ご覧の通り、チェリモヤを圧倒する写真写りの悪さです。
うちでは追熟中にバフン呼ばわりされてました。

甘みが非常に強くて美味しかったけど、小さいし、チェリモヤの広がる風味が欠けてるように思いました。甘さが浮いている感じがするんです。これだったらやっぱりチェリモヤの方がいいな。まだこれ1個しか食べたことないから決めつけるには早いかもしれないけど。

d0116493_22473764.jpg

タネはチェリモヤと区別がつきません。

じつは一応、このタネもまいたのですが、現時点までに芽は出ていません。
でも正直チェリモヤの方がいいなと思ってたので良かったかも。。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-27 23:00 | アテモヤ
果物の王様
ドリアンを育てるつもりは当分無いのですが、トロピカルフルーツの中でも別格に好きなので、このコーナーではドリアン関連の話を書きたいと思います。

実は以前、ドリアンも10匹くらい種から育てていたのですが、何せ小バエが大量発生するので泣く泣くあきらめました。いったいぜんたいどこからそんなに小バエが湧くのかと不思議に思っていたのですが、捨てる時に鉢から引っこ抜いたら根っこから大量のハエが・・・ そしてプ〜ンと臭って来ました、ドリアン臭!!  

最近出版された「カラー版 ドリアン―果物の王」(中央公論新社)にも根っこが臭うとまでは書いてありませんでした。この本の著者自身、ドリアンを家で育てられているようですが、小バエ対策はどうしているのでしょう。うーん、機会があったら是非お聞きしたい。

この本を読んでいたら無性にドリアンが食べたくなってしまって本当に困っていたところだったのですが、近所のスーパーで絶妙のタイミングでドリアンフェアが開催されました。1,980円なので、チラシを見た瞬間に買いに行きました。
d0116493_23192164.jpg

これがおととい買ったドリアンです。

ここのスーパーでは、去年から時々ドリアンを売っています。ドリアンフェアの開催は、知っている限り3回目です。当たりハズレが多いドリアンにしては、こんな低価格でハズレがほとんどありません。だから今回も何個か買おうと思ったのですが、10個くらい出ていたのに正しいドリアン臭(濃縮された甘い匂い)がするのは1個しかありませんでした。他はなぜか酸っぱい匂いがしました。初めて買うドリアンがそれだったらかわいそうだなあ。
d0116493_2329851.jpg

そして今日とうとう食べました。

最初にナイフでトゲトゲの皮にうまく切れ目を入れると、後はたいてい手できれいに裂けて、中の身を食べられるのですが、今回は形がイビツだったせいか筋目が見つけられず、ずいぶんナイフのお世話になりました。

若干熟れ気味だった割には甘みはさほど強くなく、少し味が薄く感じましたが、香りは甘くフルーティーで最高でした。やっぱりドリアンはおいしいね〜。
d0116493_23375285.jpg

これがタネです。
またいつか育てようとは思ってます。

カラー版 ドリアン―果物の王
塚谷 裕一 / / 中央公論新社
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-23 23:49 | ドリアン
果物の女王
d0116493_21305589.jpg

マンゴスチンは果物の女王って呼ばれているけど、大きさもキャラの濃さも王様(ドリアン)とは釣り合わない気がする。女王って、そんなものなのかな。

スーパーで198円だったので、ついつい買ってしまいました。日本の中では安い方だと思うけど、東南アジアでのミカン的な扱いを考えると、やっぱり高く感じてしまう。その点も王様とは釣り合わないですよね。

まあなんだかんだ言っても好きなんだけど。見た目がかわいいし。おしりの側から見てもかわいい(この個体はあんまりだけど)。
d0116493_21411657.jpg

本当は切ったところの写真ものせたかったのですが、若干傷んでてステキじゃなかったので今回は無しです。味には全く問題ありませんでしたが。

タネが1個だけありました。
d0116493_21444699.jpg

さっそくまいてみよー!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-23 22:07 | マンゴスチン
パイナップル兄弟
d0116493_20494533.jpg

おととし(2005年)の秋にクラウン(実の頭についてる葉っぱの部分)を植えたパイナップル達の近況です。

左側がゴールデンパイン(Mayan Goldという品種らしい)で、右側が普通のパイナップル(Smooth Cayenne)です。

去年の秋くらいまではSmooth Cayenne(スムースカイエン)の方が調子が良かったのですが、最近は失速してます。暖かくなってまた伸び出すかな。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-22 21:01 | パイナップル
ジャボチカバの種
d0116493_2054037.jpg

ジャボチカバ(jaboticaba)の種をもらいました。

存在は知っていましたが、食べたことはありません。
くれた当人いわく、見た目も味も確かに巨峰に似てたが、巨峰の方がおいしい。。。
ま、とりあえずまいとこー!

試しにネットで検索すると、日本でも育てている人は結構いるようです。
苗木も売られています。

お約束でJulia Mortonの"Fruits of warm climates"をチェック。通常、多胚性(polyembryonic)で、1個のタネから4〜6本の芽がでるとのこと。多胚性ということは、マンゴーや柑橘類の一部のように、実生でも親の形質を受け継ぐ可能性が高いのだろう。成長は非常に遅く、実がなるまでに8〜15年程度は覚悟すべしと。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-22 20:39 | ジャボチカバ
発芽
d0116493_12152199.jpg

アボカドを種から育てるのって、もはや何の新鮮さもないけど、やっぱり楽しいですよね。
たまたま大きな種が2つ手に入ったので、ついつい植えてしまいました。

1ヶ月以上たって、ようやく片方は芽が出て来ました。
もう片方は、根っこは既にプラコップの底に到達してるのに、なかなか芽を出しません。

経済栽培で台木用に実生苗を作る場合は、種の頂部と底部を切除してから植えて発芽をそろえるらしいです。「熱帯果樹と樹木作物」(養賢堂)にもそのような記述があります。

でも観賞用の場合はそんなかわいそうなことはできません。

ちなみにJulian Mortonの"Fruits of warm climates"のアボカドコーナーを読んでみると、アメリカでも都市部では、種に楊枝を挿してアボカドを水栽培している人がいっぱいいると書いてありました。日本だけじゃないんですね!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-22 13:32 | アボカド
本葉
d0116493_031779.jpg

本葉が出てきました。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-22 00:31 | タマリロ
相棒
d0116493_0274196.jpg

小さすぎてまだ写真では見えませんが、もう片方も芽が出ました。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-22 00:30 | ランブータン
葉っぱ
d0116493_019588.jpg

アンテナのように芽がにょきにょき伸びてたジャックフルーツに葉っぱが付きました。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-04-22 00:25 | ジャックフルーツ