<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
以前にも似たような記事がありましたが・・・
記事の最後に登場するベトナム人女性の「強いにおいで他の人が食べられないものを食べることに誇りを持っている」っていうコメントと、写真に写っているドリアン売りのオジサンがやたらムエタイ顔なのが気になる・・・

タイの研究者、無臭ドリアンの開発にチャレンジ


【バンコク 17日 ロイター】 タイ農業研究当局の研究者は、強いにおいで有名な果物「ドリアン」の無臭化に..........≪続きを読む≫
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-07-22 20:01 | ドリアン
ケントマンゴーの実生
見切り品で買って来たケントマンゴーの種のその後です。

マンゴーの種は、湿らせたキンチンペーパーに種を包んでプラ容器に入れておき、発根&発芽を確認してから土に植え付けるようにしています。いきなり土にうめると腐ってしまった時に気付きにくいですからね。

マンゴーの種まきには今までに何度もチャレンジしていますが、けっこう失敗してます。私の管理の問題(過湿にしてしまったり)もありますが、種の状態もあると思います。特に輸入物は熟していないうちに収穫していたり流通過程で低温障害が起きていたりしますからね。

土に植え付けて葉っぱが展開し始めてから腐らせてしまったこともあります。これは過湿が原因だろうな。マンゴーって湿気に弱いですね。炭疽病にかかりやすいし。トロピカルフルーツって高温多湿の中で育つイメージがあったので最初の頃は意外でした。でもじつは高温多湿を好む熱帯果樹ってそんなに多くないですよね。

今回は発芽&発根した種を普通の土ではなくビーナスライトに植えてみました。通気性バツグンですからね。

マンゴー'ケント'実生, Kent mango seedling

でも軽いからすぐに倒してぶちまいてしまうし、水やりのタイミングが分かりづらい(湿ってるんだか湿ってないんだかが見た目で分かりづらい)ので、だんぜん失敗です! でも思ったより順調に生育してます。

ビーナスライトのおかげか分かりませんが、根っこがすごいことになってます。

マンゴー'ケント'実生, Kent mango seedling

プラコップを割って飛び出しそうな勢いです。
もうちゃんとした鉢に植え替えてあげよう。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-07-22 18:00 | マンゴー(ケント実生)
今日の王子たち
d0116493_2091260.jpg

アルフォンソマンゴーの種から育った子たちの今日の様子です。4匹ともまたまた伸びて新しい葉っぱを出しています。一番背が高い子は49cmあります。去年の8月にまいたキーツマンゴーの種から育った子の身長(現在47cm)を抜いてしまいました。なかなか良い伸びっぷりです。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-07-05 22:15 | マンゴー(アルフォンソ実生)
今日のスターフルーツ
d0116493_21261633.jpg

一番大きい子の高さが43cm、一番小さい子が35cmです。
黄緑色の葉っぱがワサワサ茂ってプチジャングルになっています。

スターフルーツが夜に"寝る"ことは前にも書きましたが、光量に応じて葉っぱ一枚一枚が別々に動くことができるので、明け方や日暮れ時にハッと気付くと葉っぱが一枚、音も立てずに5秒くらいかけてスーっと動くのを見かけます。葉っぱは上側に反り上がることもできるので、角度にして最大120度くらい。見ていて楽しいです。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-07-03 21:52 | スターフルーツ
元気が一番
d0116493_20323764.jpg

ぐんぐん大きくなってます。これくらい生長が早いと見てて楽しい。
トマトの木(tree tomato)なんて呼ばれてますが、やっぱり草なんですね。

でも実は、梅雨で湿気が多いせいか、下の方の葉っぱ何枚かの裏に黒カビが生えて(下の写真)、一時期、全体的にツヤが衰えた感があったので、ダメかなと思いました。でも生来の元気さが勝ったようで、少なくとも今のところは再び発育旺盛です。
d0116493_20541041.jpg

あ、ちなみにタマリロ(tamarillo)って造語らしいですよ。それもニュージーランド人がマーケティング目的で名付けたそうです。tree tomatoは元々がアンデスの出身なので、スペイン語っぽく聞こえる"tama"(マオリ語で"リーダーシップ"の意を持つらしい)と、"rillo"をくっつけて作られたそうです。"rillo"の由来は定かではないが、tree tomatoの果皮が元々は黄色だったことから、スペイン語で黄色を表す"amarillo"から取ったとも言われているそうです。詳しくはニュージーランド・タマリロ生産者協会のホームページ(英語)ご参照。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2007-07-03 21:22 | タマリロ