<   2008年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
リフォームするなら
ドリアンをモチーフにしたタイルで壁一面をうめてみてはいかがですか? 1枚45ドルだそうです。

Ceramic Wall Tiles by Heather Knight

セラミック製だから、ぶつかったらかなり痛そう・・・
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-26 22:11 | ドリアン
今日のロンガン
さきほどのランブータンよりも、こちらのほうが成長に差が生じています。やはり種の状態が悪かったからでしょう。

ロンガンの苗(選抜前), longan seedlings before selection

手前の列の右側は、種にカビが生えています。この写真ではわかりづらいですが、手前の列の左側は、葉っぱが奇形っぽくなっています。

というわけで、残したのはこの4匹↓

ロンガンの苗(選抜後), longan seedlings after selection

でもこの4匹はすこぶる健康そうです。ロンガンにかんしては、元気なのが1匹も生まれないのではないかと心配していたので、ばんばんざいです!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-26 00:45 | ロンガン(竜眼)
今日のランブータン
だいぶ成長に差がでてきました。一番背が高い子は20cmもあります。

ランブータンの苗(選抜前), rambutan seedlings before selection

成長がいちじるしく悪い3匹(茎が極端に短いの、茎が極端に細いの、タネにカビが生えてるの)は、この時点でリタイヤです。

というわけで、残ったのはこの13匹です↓

ランブータンの苗(選抜後), rambutan seedlings after selection

次回の選抜は鉢に植え替える時かな。タネがいっぱいあると、こういう贅沢なことができるからいいですよねー。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-26 00:36 | ランブータン
アニキ
こちらはメキシコ産マンゴー(キーツ種)のタネから育った子です。うちのマンゴーたちの中では一番年長です。とはいってもまだ2才にもなってませんが。タネから育てたマンゴーに実がなるには最低でも5〜6年かかるそうなので、まだまだ先は長いですね。


現在の身長は60cm。状態は良いほうですが、他のマンゴーたちと同じく、新芽をことごとくホコリダニにやられて成長がとどこおっています。先の方が3本に枝分かれしているのですが、そうなった原因もホコリダニです。成長点をやられたために側枝が出て来たのです。

ホコリダニが集中する成長点付近を水で洗い流せば、数日間は被害がやわらぎますが、根本的な解決にはなりません。なにせマンゴーはいっぱいいるので、全員を週に何度も水洗いしてられません。

むー、どげんかせんといかん。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-25 23:44 | マンゴー(キーツ実生)
リストラ・・・
タイ産マンゴーのタネから育った子です。去年の6月に食べた、例の(といっても覚えている人なんているわけないだろー!)ジャンボナムドクマイです。


身長は18cmしかありません。茎も細すぎ。むー、今回もやはりそうかー。成長が悪いのはホコリダニのせいだけではありません。すでに何度目かのチャレンジなのですが、ナムドクマイ種の実生(タネから育てた苗)は、いつもこうなんです。

やっぱりタネに問題があるんだろうな。輸出時の蒸熱殺虫の影響なのか、運んでくる時の冷蔵による低温障害なのか。

この状態から盛り返すことは経験上ありません。

最近、せまい温室内はすでに満員電車状態なのに、アボカドやランブータンが大量に芽を出してものすごい勢いで成長しつつあります。温室のそと(部屋の中)も、パパイアやらスターフルーツやらパイナップルやらですでにジャングル状態です。

すまん!リタイヤしてくれ!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-25 23:14 | マンゴー(ナムドクマイ実生)
展葉


ロンガンが葉っぱを開きはじめました!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-21 00:08 | ロンガン(竜眼)
王子たちの近況


マンゴーの王様と呼ばれるアルフォンソマンゴーの種から育った子たちの近況です。あいかわらずヒョロヒョロしています。でも弱々しい感じはありません。他のマンゴーたちとくらべて葉っぱが長いので、スラっとしてて手足が長いイメージです。一番、背が高い子の身長は現在65cmです。

最近、他のマンゴーたちもそうなのですが、新芽をことごとくホコリダニに襲われて成長がいちじるしくとどこおっています。コーレーグースー(唐辛子の焼酎づけ)をかけたりもしましたがダメです。最近は水でこまめに洗い流すようにしていますが、一向に被害がおさまりません。むー、困った。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-21 00:03 | マンゴー(アルフォンソ実生)
アボカド一家
国産アボカド(ベーコン種)の種は9個ありましたが、現在までに芽が出たのは4個です。もう2ヶ月がたちました。結構、時間かかるなあ。

↓一番最初に芽が出た子はすでに背の丈35cmあります。


葉っぱがまるまっちくてかわいい。

↓こちらがアボカド一家の集合写真。


背の高い後ろの2匹は元アボカド三兄弟の次男(ニュージーランド産)と三男(メキシコ産こだわりアボカド)です。両方とも親はハス種だと思います。次男(左側の背の高い方)は現在、身長85cmです。長男は余りにやる気がなかったので冬入り前にこっそりリタイヤさせています。

前列の3匹が和歌山産のアボカドの種から育った子たちです。もう1匹、芽がでた子がいるのですが、まだ水栽培のままです。はやく鉢に植えてあげなきゃ。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-20 00:40 | アボカド
マンゴーの新芽とコナカイガラムシ
コナカイガラムシと記念撮影・・・なんて悠長なことは言ってられません。

マンゴーの新芽とコナカイガラムシ, mango bud with mealybugs

葉脈や茎にもつきますが、新芽についたのがやっかい。細かいところに入り込むので、やっつけようとすると芽を傷めてしまいます。ほうっておくと芽を枯らして生長を止めてしまいます。水で洗い流したりもするのですが、気付くとまた取りついてます。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-20 00:20 | マンゴー(ピーチ実生)
ビーチマンゴーの発育の差
発芽から1年2ヶ月が経ちました。


大鉢の3匹はなかなか良い感じ。やっぱりスタートダッシュが肝心ですね。発芽時に勢いが良いとその後の成長も良好です。

小鉢の3匹は念のために残していたけど、そろそろ引退ですかね。もう幹の太さが全然違います。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-19 01:16 | マンゴー(ピーチ実生)