<   2008年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
スターフルーツが発芽!
友人の沖縄みやげでもらったスターフルーツの種がさっそく発芽し始めてます。

スターフルーツの発芽, germination of a starfruit seed

アボカドの接木も順調そうだし、この子たちももう少し大きくなったら"古株"への接木にチャレンジしてみますかね。置き場所に困っているので、2本が1本になってくれたら助かります。なあんて、なんて不純な動機だ・・・
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-03-31 23:09 | スターフルーツ
今日のロンガン
そうだそうだ、ランブータンをアップしたのにロンガン(竜眼)を忘れてた。

ロンガン(リュウガン), longan seedlings

こちらは相変わらずマイペース。成長はゆっくりですが、とりあえず元気そうです。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-03-29 23:17 | ロンガン(竜眼)
今日のシャカトウ
ついでにシャカトウ(バンレイシ)もアップします。

シャカトウ(バンレイシ)の苗, sugar apple seedlings

一番大きい子は、測ったら鉢上ジャスト100cm! 2月初めの時点では67cmだったので、なんと2ヶ月弱で30cm以上も伸びています!! 最近、カイガラムシがついて、葉っぱが少し乱れてしまいましたが。

これ以上、ヒョロヒョロと上にばかり伸びてもしょうがないので、1番背が高い子と2番目に高い子は摘心しました。

それにひきかえ、一番小さい子は53cmしかありません。葉っぱが正しく成長していなし、全体的に黄色っぽいし、何が悪いのかわかりませんがダメそうなので、リタイアしてもらうことにします。

ちなみにJulia Morton先生の"Fruits of warm climates"(英語)には、シャカトウの剪定を春以外におこなうと枯らしてしまうことがあると書いてあります。そんなものなのでしょうか。怖いですね〜。でも今は春まっさかりだから大丈夫!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-03-29 23:11 | バンレイシ(釈迦頭)
今日のランブータン
ひさびさに登場のランブータンです。


うーん、決して良い状態とは呼べない。じつはまたハダニもついてます。

前回のアップした写真と比べると、葉の縁の枯れ込みがかなり進んだことが見てとれます。でも先々週くらいに肥料をあげて、ようやく新しい葉っぱを出し始めたので、峠は乗り越えた気がしています。ハダニ対策も含めて、まだまだ気は抜けませんが。。。

ベースの肥料は結局、油粕にしました。そこにリン肥(硫酸加里)をごく少量追加しています。やはりハワイとは環境(日当りや温度)が違うので、弱めの肥料から試すことにしたのです。うちは5号鉢で育てていますが、ハワイのDr. Francis Zeeは1〜2ガロン(約3.8〜7.6ℓ、7〜9号鉢くらい)のポットを使われているそうですし。まあゆっくり行こうや。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-03-29 22:48 | ランブータン
アボカドの接木、成功!?
先週接木したアボカドたちです。


なんと芽が出てきています!! 


3本のうち2本は確実に芽が成長してきています(写真の左と中)。1本はあまり進展がありません(写真右)。

ひょっとして2本は接木成功??? うっひゃ〜〜!!!っと踊りだしたい気分ですが、ぬか喜びになってはいけません。ここはグっとこらえて、まだもうしばらく様子を見ましょう。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-03-29 22:05 | アボカド
超小型の柑橘
ついでに相変わらず名称不明の超小型の柑橘(親の姿は以前の記事をご覧ください)もアップしておきます。


こちらもまだ大きい方でも4cmありませんが、本葉がでてきてます。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-03-25 22:24 | 超小型の柑橘
コブミカンが追加で発芽
気付いたら追加で芽が出てました。

コブミカンの発芽, kaffir lime germination

一番最後に出てきた芽(写真左はし)が一番最初に種帽子が取れています。あ、すみません、種帽子というのはブログ「種はゴミじゃない」のヒナさん用語でした。あまりに便利なので勝手に使わせてもらいました(^_^;)

種帽子が取れた芽を拡大するとこんな感じ↓↓↓

コブミカンの発芽, kaffir lime germination

いっぱしに本葉が出てきてます。

逆に最初に芽がでた3つはあまり進展がありません。一番背が高い芽も4cm弱のままです。

あ、ちなみに、コブミカンの挿し木は自分が失敗したこともあって無理なのじゃないかと先日書いてしまいましたが、うまくやれば可能なようですね。GardenWebのフォーラム(英語)によれば、完全な遮光下で湿度を保てば1月くらいで発根するそうです。ちゃんと調べてから試せば良かった。。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-03-25 22:24 | コブミカン(バイマックルー)
スターフルーツの剪定
きのうは新入り予備軍のスターフルーツについて書きましたので、古株のほうもアップしておきます。古株と言ってもようやく1才ですが。

こちらが冬を越した古参のスターフルーツたちです。


一番背が高い子は鉢上で120cm近くあります。ということは、11月に60cmくらいに切り戻していたので、冬のあいだに倍になったということじゃないですか! しかも上の写真を見ていただけば分かるとおり、冬に伸びた部分(つまり上半分)の方が葉っぱが断然大きいし色ツヤがいい! 

もちろんずっと室内に入れていましたが、それでも5℃くらいまでは余裕で下がったはずです。まったく、どんだけ元気なんだか(^_^;) むしろ剪定したことで樹勢が増したのかな?

11月に切り戻した時は、側枝を出させて樹形を整えるためでしたが、思ったほど側枝は出ませんでした。でも放っておくとどんどん上にヒョロヒョロ伸びてしまうので、また切り戻しましょう。剪定の季節ですしね。

えいっ!



80cmくらいになりました。

そろそろハダニの動きも活発になるはずです。今年は大丈夫かなあ。。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-03-24 21:45 | スターフルーツ
ついでにスターフルーツも!
前回の記事の続きですが、地元の友人はカニステルと一緒にスターフルーツも買って来てくれました。それも今まで見たことがないくらい巨大なやつです。長さは15cmは超えていたと思います。最近は沖縄でも品種改良が進んでいるのですかねー。


はじっこのほうは持って来た時にあたってしまったせいか若干傷んでいるので見栄えはしませんが、スターフルーツは経験的に大きければ大きいほど甘いので、味は期待大です。


では、いっただっきま〜す! 

あっま〜〜〜い!!!

これはビックリ。こんな甘いスターフルーツは食べたことがありません。品種改良が進んでいる台湾で食べた時も、その大きさと甘さに驚きましたが、今回のはもはやスターフルーツじゃありません。最近のイチゴみたいに甘い! むー、おそるべし沖縄産。

ついうっかり、気付いたら種を確保していました。


うちにはすでに高さ1mを超えたスターフルーツの苗が5匹もいます。それだけでも置き場所に困っているのに、これ以上増えたらどうするんだー!

なあんて茶番をしてみてもしょうがない。もう結論は決まっているのですから。。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-03-24 00:57 | スターフルーツ
カニステルを食べる!
地元の友人が沖縄のお土産になんとカニステルを買ってきてくれました。ずっと食べてみたいと思っていたので感激です!


見た目は柿ちっくです(少しとんがっていますが)。大きさは10cmもありません。

切りかたが分からず、とりあえずタテに真っ二つに切ればいいのではということで包丁を入れると、さっそく種にぶつかってしまいました。どうもかなり大きな種が入っているようです。けっきょく最後は手で割りました。


果肉はきれいな山吹色をしています。egg fruitとかクダモノタマゴとも呼ばれるだけあって、たしかにゆで卵の黄身っぽい。スプーンですくって食べてみると・・・

うん、うまい! スイートポテトみたい。水気も酸味もないので、およそフルーツっぽくはないですが、クセもないしおいしい! コクのあるやわらかい甘みが良い後味になってます。これはもっと人気がでてもいいはずだなあ。

けっきょく、長さが5cmくらいある種が3個も入っていました。なかなかにヤル気を感じる良い種です。これはまくしかないですね! というわけで、いつものごとく湿らせたキッチンペーパーに包んで電気温水器の上にセット。

ちなみに、フルーツとは全く関係ありませんが、山吹色で思い出しました。その友人のお気に入りの「山吹色のお菓子」です。アフィリエイトでもなんでもありませんが、じつにくだらなくおもしろいので見てみてください。特に、Q&Aに相当する「山吹色の質問に玉虫色の回答」が笑えます。その友人は本当に取り寄せてました。。

お中元・お歳暮・ワイロには山吹色のお菓子

[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-03-24 00:05 | カニステル