<   2008年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
今日のポポー
だいぶ葉っぱが出てきました。


[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-23 23:40 | ポポー
バオバブ@アフリカンフェスタ2008
この前の日曜日は、横浜の赤レンガで開催されたアフリカンフェスタ2008に行って来ました。

横浜みなとみらい地区方面には、普段は車で行っているのですが、今回は電車で行きました。みなとみらい線は、元町に行くのにはすでに何回か使っていますが、馬車道駅で降りたのは始めて。いったいどこに出るのかと思ったら、目の前にジャック(開港記念会館)が!


そこから海のほうに向って歩いて行くと、この前のタイフェスタとは明らかに系統の違う人たちとすれ違います。そして会場のほうからはアフリカンなリズムが聞こえてきます。こりゃあまたテンションが上がりますね!!


会場に着いたら、まずは友人がいるアフリック・アフリカのブースに行こうと思ってたのですが、ついついポリリズムが溢れ出しているメインステージのほうに吸い寄せられてしまいました。セネガルの人たちの演奏でした。みんな座って見てます。うー、じっとしてるのがつらい。

それからNGOブースエリアに向い、アフリックのブースを見つけたのですが、友人はいないようです。ま、じゃあまずは大使館ブースエリアを見てまわりますか。国ごとにやっぱりトーンが全然ちがいますねー。地中海沿いのエジプトやチュニジアやモロッコのブースでは、アンティークの銀細工を置いているのですが、こうして比べてみると色使いもテイストも全然違います。アフリカ諸国には昔から全然馴染みがないので新鮮。

そしてマダガスカルのブースに行くと・・・ 


こ、これは! バオバブの苗じゃあないですか!! そしてハッと気付くと隣にアフリックの友人が。いやー、ビックリビックリ。ちょうど向こうもバオバブの苗を見つけて、私に知らせなきゃと思ってたところだったとのことです(^^)

売ってるお兄さんに聞いたところ、4年生苗とのことです。大きい鉢で育てればもっと大きくなるそうです。バオバブに特徴的な幹の太さ(成木の写真はwikipediaにもあります→こちら)は、もちろんまだあらわれてませんが、それでもこんなに見た目がかわいい木だとは思いませんでした。観葉植物としても有りですねー。

あ、タネも売ってる。「でもバオバブはフルーツとは言えないよね」と言ったら、その友人が「いや、バオバブの実は食べれるよ」とのたまう。買ってしまいましたー(^^;)

↓これは見本として置いてあった果実です。


ずいぶん大きな果実ですねー。この中に種がいっぱい入っているそうです。その種のまわりのパルプが甘酸っぱいらしいです。カカオの実みたいなイメージかな?

その後は、カメルーンの三味線奏者、ワッシー・ビンセント(Wouassi Vincent)さんのバンドの演奏を見ました。ワッシーさんのことはずいぶん前にテレビで知って、一度演奏を聴いてみたいと思ってたので、ラッキー。


最高でした。曲自体はけっこう月並みなのですが、ワッシーさんの三味線が連符を繰り出すと、一気にアフリカンなグルーブが生まれます。 ラテン音楽でピアノが打楽器になるように、三味線も打楽器になるんだー! リズム隊(ベース、太鼓、パーカス)もいい仕事をしてました。

ほんとはバンド的にはパワフルな女性ボーカルやバイオリンも売りなのだろけど、私はウワモノ(リズム隊の上に乗っかるパート)にはあまり興味がありません。むしろもっとシンプルにワッシーさんのリズムを活かした編成で観てみたいなあ。

三味線や沖縄の三線(サンシン)の音って、日本の湿った暑い夏に合いますよね。空気を"割る"感じや音程がゆらぐところが。

ワッシーさんバンドが終わってからは、アフリカ各国料理を堪能。どれも実に美味しかった。その後は用事があったので早めに帰りました。

あ、ちなみに東京農業大学のブースもあって、そこには国産のキャッサバやヤムイモが展示されていました。


写真左側がタピオカの原料になるキャッサバ、右側がヤムイモの一種のダイショです。ダイショは、ようはヤマイモですが、大きいですね〜。

ついでに何枚か、会場周辺で撮ったオールドファッションな横浜の写真ものせちゃいます。







さてさて、これが500円で手に入れたバオバブの種です。


ふだん見慣れているトロピカルフルーツの種とは雰囲気が違いますね。乾燥してる感じ。砂漠っぽい感じ。きな粉をまぶしたお菓子のようにも見える。お店のお兄さんいわく、5月だとまだ温度が足りないので、6月になってから蒔いてくださいとのこと。それまでにもう少し色々しらべましょう。

あ、ちなみに明日夜発で5日間、ハワイに遊びに行ってきま〜す! うっひゃ〜、トロピカルフルーツ食べ放題だ〜!! また帰ってきたら報告しますね。残念ながらハワイ産のドリアンは時季ではないとのことですが(^^;)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-22 17:35 | バオバブ
サポジラが発根!
サポジラの種が発根してました。


でもサポジラたちには悪いですが、きょうはそれどころではありません。きょうはサギンサギンが発芽した喜びで胸がいっぱいです。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-21 23:28 | サポジラ
ついにサギンサギンが発芽!!
きょう何気なくサギンサギンのseedbedをのぞいてみたら・・・


芽が出てましたー!!!

じつに4ヶ月以上かかって、ようやく1匹発芽したことになります。
いやー、まったく、バンレイシ科のタネはどんだけのんびり屋なんだか(^_^;)

あ、サギンサギンとは、スイギュウノチチ(Uvaria rufa Blume)のことです。
東南アジアに自生するバンレイシ科のフルーツです。
つまりチェリモヤやシュガーアップルやポポーの親戚です。
このタネは義兄から「謎のフルーツのタネ」としてもらいました。
正体が判明した経緯は「謎のフルーツ サギンサギンの正体が判明!?」をご覧ください。

まあ何にせよ、芽が出てくれてよかった(´▽`)
もう何匹か発芽してくれるといいなあ。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-21 23:15 | サギンサギン
カシューナッツの発芽の様子 part 4
とうとう殻がとれました!


別の角度からもう1枚。


踊ってるみたいですね(^^)

種を送ってくれた義兄(ブログ「旅をする木」のasiantyphoonさん)が撮った、フィリピンのジャングルでの発芽の様子にだいぶ近づきましたねー。

ちなみにもらった種は、8個中7個が発芽したので、発芽率は9割弱(87.5%)でした。悪くないですね。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-20 22:04 | カシューナッツ
カシューナッツの発芽の様子 part 3
またまたカシューナッツの様子をアップ。


もうちょっとです。あと一息で殻がとれます。
もう双葉のあいだに本葉が見えています。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-20 01:39 | カシューナッツ
カシューナッツの発芽の様子 part2
きのうに引き続きカシューナッツをアップ。


こんどは一生懸命、殻を脱ぎ捨てようとしてます(^^)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-18 23:05 | カシューナッツ
カシューナッツの発芽の様子
ドリアンねたが続きましたが、先日発根したカシューナッツ(カシューナットノキ)にも変化がありました。

↓これが先週木曜日(15日)の写真。


↓そしてこれが先週金曜日(16日)の写真。


よっこらせっと、重い体を持ち上げて起き上がりました(^^)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-18 03:17 | カシューナッツ
ドリアンを食べる!!
日付かわって、すでにおとといになってしまいましたが、金曜日の夜に、タイフェスティバル2008で買ったドリアンをとうとう食べました!


木曜日の夜に、お尻に裂け目が入り、食べ頃になったことをお伝えしましたが、その裂け目がさらに広がってます。そこから独特の甘〜いドリアンアロマがあふれ出してます。

見ため良し、におい良し。なのに食べてみたらまったく甘みがなく失敗・・・という経験もあるので、実際に食べてみるまで本当に美味しいかどうかはわかりません。それがドリアンの難しいところですね。

それでは、割ってみましょう! お尻が自然に裂けてくる頃になると、その裂け目から手で簡単に割れるんです。ナイフはいりません。トゲに注意しつつ、裂け目に手をかけて、バリバリっ!


まずは真っぷたつに。果肉が登場します。房によって果肉の大きさはだいぶ違います。

残りの房も、同じように手で割って取りだします。


むほっ! 思ったより果肉がたっぷり入ってました。

それでは、いっただっきま〜す!!

ムシャムシャ、ムシャムシャ・・・

うっま〜〜〜い!!!\(≧▽≦)/

うん、これは美味しい!
水っぽさがなく、甘みが十分あって、完璧です!!
ドリアンの会」で食べたのとは比較できませんが、
1,500円にしては上出来も上出来です(^O^)

ゆっくり食べようと言っていたのに、結局5分もかからずにペロリと1個、夫婦で食べてしまいました。

↓抜け殻です。



↓種は思ったより小さいし少なかった。


充実した種は3個だけです。それも小さめ。こういう品種なのだろうな。

いや〜しかし、まさかドリアンが1,500円で食べられる日が来るとは。
これならばもっと買っとけば良かったなあ。
期待していなかっただけにビックリ!
これならば友達も呼べるな。

こりゃまた来年もタイフェスタ行き決定ですね!(^^)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-18 02:51 | ドリアン
ドリアンが食べ頃!!
この前の日曜日に、まったくの無臭の状態で買ったドリアン(詳しくは前回の記事をご覧ください)は、きのう今日は家中に甘〜いドリアンアロマが充満するほどになっていたので、今か今かと興奮しながら食べるタイミングをうかがっていたのです。


買った時には土気色をしていたドリアンが、黄色っぽく、生気に満ちた色に変わりました。あれほど固く微動だにしたかったトゲも、指でつまむとグラグラと動くようになってます。面白いですね(^^)

ドリアンは熟すとたいていお尻が裂けてきます(そうじゃないものもありますが)。ほんとは裂ける寸前の、果肉がまだしっかりしつつも十分に熟して豊な甘みと香りがあるくらいが個人的には一番好きなのですが、裂ける寸前の見極めは難しいので、今回も裂け始めるまで待とうと思っていたのです。

でも今朝見たときも、夜8時ごろに見たときも、裂ける気配はまったくありませんでした。色も香りもすでに十分なので、ひょっとして熟しても裂けないんじゃないかと少し心配になっていたのですが、今(夜10時ごろ)見たら、亀裂が入ってました!!


やった〜、食べごろで〜〜〜す!!!\(^▽^\)(/^▽^)/

ま、こんな夜更けに食べたら眠れなくなっちゃいそうですので、あした食べることにしましょう(^O^)

いやはや、それにしてもどんだけドリアンが好きなんだか(^^;)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-05-15 23:45 | ドリアン