<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ランブータンの発芽率
6月下旬に種まきして7月はじめに発芽開始したランブータンは、最終的に15個中11個が発芽したので、発芽率は7割ちょいでした。

ランブータンの発芽

生果実からの"採りまき"だったので前回よりも発芽がそろうかなと思ったのですが、期待したほどではありませんでした。発芽後の勢いもボチボチ&まちまち。

お約束に反して有機物たっぷりの土にまいたからかな?039.gif
どの苗を残すかで悩まずにすむのは助かりますが。。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-31 21:45 | ランブータン
葉っぱを開きはじめたドリアンの苗
6月に種まき&発芽したドリアンです。

ドリアンの苗

現在の身長は35cmくらい。ようやく葉っぱを開きはじめました。

ドリアンてやっぱり面白いですね。ドリアンの葉っぱは未熟なうちは下の写真みたいに半分に折りたたまれています。

まだ半分に折りたたまれているドリアンの新葉

葉っぱの裏面は銀色に光ってます。爬虫類の皮のようななまめかしさがありますね。

少し拡大すると下の写真のようになってます。

ドリアンの新葉の裏側(拡大)

細かく宝石をちりばめたようなラグジュアリーなテクスチャー感があります026.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-31 00:57 | ドリアン
シャカトウのつぼみ & 新入りの苗
シャカトウのつぼみ2号(2番花)です。

シャカトウのつぼみ

もうはっきりとつぼみだとわかるようになりましたね。今のところこれが落ちてしまったらおしまいなので、なんとか頑張って花を咲かせてくれるとよいですが025.gif

下の苗は6月に"タイ・ナイト"で食べたシャカトウの種子から育った子たちです。

シャカトウの苗

播種:6月7日  発芽:7月7日

今回はちょうど1ヶ月で発芽しました。でも9粒まいて3匹しか発芽しませんでした。"採りまき"したのでもっと早く発芽がそろうかと思ったのですが、やっぱりバンレイシ科の発芽は気まぐれですね。もうちょっと待ってればもっと発芽しただろうと思いますが、そんなに苗ができてもしょうがないので、今回は2匹だけ鉢上げしておしまいにしてしまいました。

手前の苗は、虫食いなのか、種帽子が取れるときに葉芽が少しちぎれてしまったのか、葉っぱが変ななってますが、まあ大丈夫でしょう001.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-29 23:09 | バンレイシ(釈迦頭)
イエローストロベリーグァバの苗
こちらは去年の秋に発芽したストロベリーグァバ(イエロー)です。

イエローストロベリーグァバの発芽

現在の身長は25cmくらいです。

ストロベリーグァバの苗らしくなりました。
葉っぱがツヤツヤでいい感じです。
さすが照葉バンジロウ(ストロベリーグァバの和名)ですね。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-27 20:31 | ストロベリーグァバ
種まきし直したグァバ
こちらは先日、種まきし直したグァバ(赤肉)の発芽の様子です。

グァバの発芽

播種:6月7日 発芽:6月19日

去年の秋にストックした少し古い種子でしたが、6粒まいて4本発芽しました。種子をお分けしたreveilleさんのとこは20粒まいて15粒が発芽したそうです。まだ発芽率7割くらいはキープしているようですね。

ちなみにJulia Morton先生の"Fruits of warm climates"に、種子を硫酸で処理したり、5分間煮沸したり、水に2週間つけたりすると発芽が早まると書いてあったので、一番ビックリかつ簡単な5分間煮沸も試してみたのですが、そちらは1匹も発芽しませんでした015.gif 

Reveilleさんも試してくださったのですが、やはり煮沸モノは発芽しなかったそうです。でもJulia Morton先生もまったく根拠無く書いたわけではないだろうから、もしかしたら実際にはもっと細かいやり方があるのかもしれませんね。というか、そう思いたいですね025.gif

さてさて、発芽したグァバは、そのまま肥料もやらずにほっぽらかしにしてしまっていましたが、ようやく鉢上げしました。

グァバの鉢上げ

現在の身長はまだ5cmくらいです。こんどは害虫に負けずに元気に育ってね!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-26 23:00 | グァバ
シャカトウの一番花、落つ・・・
きょうも風が強かったので気になって見てみたら・・・

シャカトウの花の残骸

ぬぁっ! 落ちてる・・・

人口受粉が微妙だったことは前回の記事に書きましたが、そうは言ってもほんのちょびっとは期待してたのに・・・007.gif

教訓:くじけない心

2号君、頼んだよ! ↓まだちっちゃな花芽の2号君

シャカトウの花芽

[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-14 22:17 | バンレイシ(釈迦頭)
カシューナッツの最期
2008年に種まきしたカシューナッツ。2009年は一匹減り、また一匹減りを繰り返し、2010年にはとうとう最期の一匹を残すのみになってしまいました。
d0116493_17414255.jpg
この最後の一匹も明らかに葉色が悪いですね。根腐れを起こしているようです。

そしてこの後、この最後の一匹も体調が戻ること無く枯れてしまいました。

冬場の光量不足が原因かなと思います。温度は最低15℃はキープできていたと思います。温度はあるのに光量が足りず、古い葉を落とし、新しい葉が出ては枯れ出ては枯れを繰り返し、水を吸い上げることができなくなって根腐れをおこし・・・といったところかなと思ってます。それでもすぐに枯れるわけではないので本来は丈夫な植物なのでしょうね。

冬場にライティングしないのであれば、むしろ温度を下げて水やりも控えて休眠させちゃったほうが良かったのかもしれません。まあ後のお祭りです。とほほ(TT)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-14 19:41 | カシューナッツ
シャカトウが開花! そして・・・
おとといの夜、風が強かったので、先日つぼみ&花芽を発見したシャカトウを家の中に取り込んだら、なんと開花がはじまってました!005.gif

☆開花1日目(7月11日) 午後11時

シャカトウの花(雌ステージ), Sugar apple (Annona squamosa) flower female stage Day-1 11pm

花びらはまだ半開きです。

シャカトウの花(雌ステージ), Sugar apple (Annona squamosa) flower female stage Day-1 11pm

下からのぞいても雌しべや雄しべは見えません。いわゆる雌ステージという状態ですね。雌ステージでは、雌しべは受粉可能になっていますが、雄しべはまだ花粉を放出していません。

☆開花2日目(7月12日) 午前8時

シャカトウの花(雄ステージ), Sugar apple (Annona squamosa) flower male stage Day-2 8am

花びらが完全に開きました。

シャカトウの花(雄ステージ), Sugar apple (Annona squamosa) flower male stage Day-2 8am

下から見ると雄しべと雌しべがよく見えます。いわゆる雄ステージという状態ですね。

じつは明け方の3時半に見たときにすでにこの状態になってました。なぜ3時半かというと、サッカー・ワールドカップの決勝戦を見るために起きたからです070.gif

いや〜、スペイン、やりましたね! 優勝おめでとう!! さすが情熱の国。そしてチェリモヤの国。

スペイン・バルセロナの市場に並ぶチェリモヤ
スペイン・バルセロナの市場に並ぶチェリモヤ
キロあたり2ユーロということは1個100円くらいかな? 安っ!

スペインのチェリモヤの生産量は世界No.1です。地中海に面した南端のアンダルシア地方で栽培されていて、年の生産量は3万トン程度。日本でいえばハッサクくらいな感じかな??039.gif

どうしてもやっぱり北のほうの国よりも南のほうの国を私は応援してしまいがちです。ほんとはもうちょっとブラジルやチリに頑張って欲しかった。ちなみにチリはチェリモヤの生産量世界第2位です。

さて、チェリモヤやシャカトウをはじめとする、ポポーなども含むバンレイシ科の仲間は、両性花をつける(1つの花に雌しべと雄しべの両方がある)のですが、雌しべと雄しべの成熟するタイミングが違います。雌しべが先に成熟(雌ステージ)して、雄しべが後に成熟(雄ステージ)します。自家受粉にハードルをもうけているのですね。

アボカドの花にも雌ステージと雄ステージがありました。でもアボカドの場合はわざわざステージの切り換えのために花を一旦閉じて花の形を変えてましたね。アボカドのほうがメカニズムが高度ですね。

シャカトウの場合は、雄ステージになってからも雌しべに受粉能力があります。つまり花が1個しか咲かなくても受粉できます。同じ花のなかの雌しべと雄しべで受精することが可能なわけです。それがシャカトウの受粉率&結実率を高めているのでしょうね。シャカトウは人工授粉しなくても大丈夫と言われるのはそのためなのでしょう。そうは言っても自然(昆虫)にまかせるよりは人工授粉したほうがだんぜん着果率が高まるし、奇形果が減るそうです。

チェリモヤの場合は、雄ステージになって雄しべが花粉を放出しだしたころには雌しべは乾燥して受粉できなくなっています。なので花が1個しか咲かなかったら受粉できません。最低でも2つの花がうまく時間差で咲いてくれないと実はつきません。

ポポーの場合は自家不合和性があるので、同じ遺伝子を持った花どうしでは受精しないそうです。つまりポポーは1本では実がつきません。異なる品種の木が近くに必要です。種子から育った実生の木でもOKです(遺伝子が1本1本違うから)027.gif

なあんて調べたてのことをエラそうに書き連ねましたが・・・

☆開花2日目(7月12日) 午後2時

シャカトウの花(開花終了), Sugar apple (Annona squamosa) flower after bloom Day-2 2pm

ぬぉっ! 花がもうしおれはじめてる!!
シャカトウやチェリモヤの花って、1日もたたずにしぼんじゃうの?! 
(そんなことも知らなかったのかという感じですが・・・008.gif

とりあえず急いで人工授粉しました。綿棒で雄しべをなでて、それを雌しべにつけました。でももう雌しべはすでに乾燥してたっぽい・・・025.gif

教訓:シャカトウの人工授粉は、花びらが完全に開いたら(=雄ステージ)すぐに(=早朝)おこなうべし!

☆開花2日目(7月12日) 午後9時

シャカトウの花(開花終了), Sugar apple (Annona squamosa) flower after bloom Day-2 9pm

花びらが完全にしおれました。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-13 22:12 | バンレイシ(釈迦頭)
ランブータンを食べる 〜 種からの栽培に再々チャレンジ!
なな〜んと、先日、ランブータンの生果実をいただきました。

ランブータンの生果実

こんなにたくさんです! 

ランブータンの生果実

うーむ、半透明な果肉が美しい。

小ぶりですが、鮮度は良さそうです。なにせムクロジ科の仲間(ライチ、竜眼、ランブータン・・・)は鮮度が命ですからね034.gif

さっそく食べてみると・・・うまい!

すあまのように柔らかい甘みが舌の上に広がります。
上品でほどよい酸味。
そして食感が素晴らしい。
ジューシーなのに緻密でプリップリです。

やっぱりランブータン、好きです026.gif

ランブータンの難点をしいて言うならば、タネのまわりの渋皮と果肉がくっついているので、じゃっかん食べにくいことです。渋皮が繊維質で少し厚みがあるので、一緒に食べてしまうとゴソゴソします。タネ離れの良いランブータンにあたったこともあるので、そういう品種も存在するようではありますが。

ちなみにモジャモジャヘアーのランブータン(rambutan, Nephelium lappaceum)には角刈りの弟がいます。プラサン(pulasan, Nephelium mutabile)です。

プラサン(pulasan, Nephelium mutabile)の果実
Photo by Thai Food Blog

プラサンはタネ離れ(離核)が良いそうです。味は、ランブータンよりも甘いという人もいれば、同じという人もいますが、私は食べたことがありません。ランブータンよりもシーズンが限られているのでレアキャラです027.gif

さてさて、今回、もちろん種子はキープしました。

ランブータンの種子

ランブータンは、種子から渋皮をはがすのも大変。種子を傷つけるリスクをおかしてまで無理してはがす必要はないのですが、なんとなくいつも頑張ってしまいます。上の写真は頑張った結果です。

ところでランブータンの種子は"取り播き"が基本です。乾燥させると発芽しないのでご注意あれ。種まき時のポイントは以前の記事にまとめてあります。

6月25日に種まきをしたら、7月2日に発芽がはじまりました001.gif

ランブータンの発芽

じつは前回そだてていたランブータンは、最後の記事のすぐあとに枯らしてしまいました。大好きなランブータンでかなり気合いが入ってたので大ショック。

直接的な原因はハダニでしたが、やっぱりそこにいたるまでの管理が悪かったんだろうなと思っています。商業栽培の育て方を真似してやろうとしたのですが、肥料の分量や頻度を最終的にコントロールできなかった。というわけで、今回はもう少しお気楽に、普通の鉢植え果樹として育てようと思います。

今度こそうまく育ってくれるといいなあ072.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-10 23:58 | ランブータン
シャカトウにつぼみを発見!
5月に剪定&摘葉したシャカトウたちです。

鉢植えシャカトウ

ちょびっとゴチャゴチャしてわかりづらいですが、背の高い2匹がマダガスカルのシャカトウ(3才1ヶ月)で、右下のほうでモシャモシャしてる2匹が沖縄のシャカトウ(2才3ヶ月と2才2ヶ月)です。

ふーむ、やはり今年も花芽はつかないか〜。いつもどおりひとしきりながめてから目を他にうつそうとしたところ、ん? いま視界の中に違和感を感じたような。

シャカトウのつぼみ

視線を戻してよく見てみると・・・ あっ!

シャカトウのつぼみ

つぼみだ!!

なんと沖縄のシャカトウにつぼみを発見しました!!
それも1ヶ月若い背の低いほうです005.gif

もう花芽というより、ちゃんとつぼみになってますね。
こんなにしっかりしたつぼみがついてたのに今まで見逃してたとは!!

ひょっとしたら他にもあるんじゃないかと思って探したら・・・

シャカトウの花芽?

ん? これも花芽?? 拡大してみると・・・

シャカトウの花芽?

まだちっちゃいですが、これも花芽っぽいですね〜。
これも同じ木です。他には見つかりませんでした。他の木にも見つかりませんでした。

うーむ、なんでこの4匹の中で一番若くて背も低いやつに一番最初に花芽がついたんでしょう039.gif

ま、まだ木が若いのでどうなるかわかりませんが、これから楽しみです024.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2010-07-09 02:28 | バンレイシ(釈迦頭)