<   2011年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
ドリアンキューピー!
シンガポールみやげにドリアンキューピーストラップをもらいました。
d0116493_21353435.jpg
シンガポール限定販売のご当地キューピーだそうです。
そもそもご当地キューピーなんてのがあること自体知りませんでした。

けっこううれしいです024.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-29 22:12 | ドリアン
タマリロの植え替え
おととしの春に10号鉢に植え替えて以来、そのままにしてしまっていました。おかげで去年はまったくといっていいほど生長せず。そのかわりに"コンパニオンプランツ"がやたらと育ってしまいました015.gif
d0116493_2034340.jpg
というわけで植え替えてあげました。
d0116493_20335792.jpg
きれいな根鉢ですね〜037.gif これじゃあ息ができませんね。
d0116493_20342694.jpg
"お仲間"には全員退場いただいて、ベジタブルポット10号に植えました。うちにある一番大きな鉢です。容量は10.7リットルから15リットルにアップです。

それにしてもタマリロは寒さに強いですね。ふた冬、屋外でまったく問題なく越しています。今なら畑(市民菜園)を借りてるから地植えにもできるけど、せっかくここまで鉢で育てたし、念のためこれはこのまま育てようと思います。タマリロは美味しいので、なんとか実をつけて欲しいなあ。

こんなことならgaraさんから果実をいただいたときにタネをとっておけば良かった。大量に露地栽培を試せたのになあ039.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-28 22:06 | タマリロ
アカテツ科のアカテツって??
ルクマつながりでアカテツ科(Sapotaceae)関連の話を書いてきましたが、そもそもアカテツって何?? 

というわけで調べてみました027.gif

アカテツ(赤鉄)

   学名:Planchonella obovata (R. Br.) Pierre 
(シノニム:Pouteria obovata (R. Br.) Baehni、Sersalisia obovata R. Br.)
  • 東南アジアとその周辺域に分布し、日本では小笠原諸島や奄美・沖縄に分布
  • 高さ15m直径50cmになる常緑高木
  • 海岸沿いに多く見られ、防風林になる
  • 新葉は茶褐色に輝いて美しい
  • 材は赤色で硬く、家具などに用いられる

アカテツ(Planchonella obovata)
アカテツ(Planchonella obovata) - Photo by plj.johnny

小さな果実(長さ1〜1.5cm)をつけるようですが、食べられるとの記述には出会いませんでした。食用として有用ではなさそうですね015.gif

ちなみに日本に自生するアカテツ科の植物は、このアカテツと、小笠原諸島固有種のムニンノキ(Planchonella boninensis)の2種のみとのこと。

ムニンノキは、長さ4〜5cmの卵形の実をつけ、熟すと黄色くなり、大きな種子が2〜3個入っているそうです。地元ではヤマガキと呼ばれていて、食べられるようです。サポテですね! 勝手にスペイン語名をつけるとしたら Zapote Bonino でしょうか?037.gif


[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-26 22:56 | その他
今日のミラクルフルーツ
d0116493_2036595.jpgこちらはうちで育てているミラクルフルーツ(Synsepalum dulcificum)です。

これをかじると酸っぱいものが甘く感じられるようになるという、あの不思議なミラクルフルーツです。2009年に屋久島のgaraさんが送ってくださった実のタネから育ったやつです001.gif

なにげにミラクルフルーツも、ルクマやマミーサポテやカニステルやスターアップルなどと同じアカテツ科(Sapotaceae)です。葉っぱの雰囲気はマミーサポテやカニステルに似てますね。かなりミニチュアですが。

ミラクルフルーツは西アフリカ出身だそうです。成長がとても遅く、そのかわりに背丈30cmくらいで実がつきはじめると言いますが、現地では6mくらいの木になるそうです。

それにしてもうちのはぜんぜんというかまったく育ってませんね。まだプラコップを卒業する感じではありません025.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-25 20:53 | ミラクルフルーツ
ふたたびルクマ!
うちの奥さんがチリ人の友人にルクマ(lúcuma)についてヒアリングしてくれました030.gif

サンチアゴ在住のその友人(アレハンドラ)もルクマの話になると大盛り上がり。やはりチリの人たちはそうとう好きなようですね005.gif

一番有名なのはルクマのアイスクリームだそうです。

ルクマアイス
ルクマアイス - Photo by mmmyoso

でも生の果実もシーズン中は普通に市場で買えるそうです。アレハンドラの家ではそれをミルクシェイクにしているとのこと。ルクマの果肉と牛乳をミキサーにかけるだけですが、とても美味しいんだそうです。生の果実が手に入らない時期は冷凍のを買ってきて作るそうです。

ルクマはマンハルに混ぜたりもするそうです。マンハル(manjar)とはコンデンスミルクを煮詰めて作るペースト状のミルクキャラメルです(→wikipedia)。これまたチリの人たちの大好物のようで、リカルドさんのお店でもデザートに登場したロールケーキのクリームの部分がマンハルでした。

他ではルクマのケーキも有名だそうです。

ルクマケーキ
ルクマケーキ - Photo by C-Monster

ちなみに上の2枚の写真はどちらもflickrからピックアップしたペルーの写真です。ペルー人もチリ人にまさるともおとらないくらいにルクマ好きのようですね。ペルー料理屋さんはけっこう日本にもあるようなので、今度行って聞いてみようと思います045.gif

南米の地図
南米の地図 by Wikitravel

[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-24 22:29 | ルクマ
Another sapote... その2
Another sapote... その1』からの続きです。

今回、ルクマがらみでまたサポテの仲間を調べていて、ホセからもらった写真の"サポテ"の正体がようやくわかりました。

サポテと呼ばれる果物がいくつもあることは前に書きました(→"サポテ"の種類)が、まだありました! 

チュパチュパです。

南米北西部原産のフルーツで、熟すと下の写真のようになるそうです。

Zapote, Chupa-chupa (Matisia cordata)
Zapote, Chupa-chupa(Matisia cordata) - Photo by LuisCarlos Díaz

繊維が多くて種のまわりをしゃぶって食べる感じになるそうです。呼び名からもなんとなく想像がつきますね。でも味は悪くなさそうです。甘くて、マンゴーやメロンのような味がして、産地ではとても人気があるそうです。食べてみたいですね026.gif

☆チュパチュパ☆

     学名: Matisia cordata Humb. & Bonpl.  
   シノニム: Quararibea cordata (Humb. & Bonpl.) Vischer 
      科: アオイ科(Malvaceae)またはパンヤ科(Bombacaceae)
 スペイン語名: Sapote、Zapote、Chupa-chupa、Sapote de monte、Sapotillo など
ポルトガル語名: Sapota、Sapote-do-peru、Sapota-do-solimóes
    英語名: South American sapote、Chupa-chupa

・コロンビアや、ペルー、エクアドル、ブラジル(アマゾナス)などに分布。
・低地熱帯雨林を中心に海抜2,000mの高地まで分布。
・日当りの良い、湿った深い土壌を好むが、乾燥やアルカリにも適応可能。
・半落葉生の高木。野生では40m超もあるが栽培では12m超はまれ。
・果実の大きさはソフトボールくらい。最大で800gになるが通常は200〜250g。
・厚い皮があるが中はやわらかく、甘くジューシーで心地よい風味がある。
・長さ4cm、幅2.5cmくらいの大きな種子が2〜5個入っている。
・品種は特にないが、果実に繊維質が少なく風味が優れている系統がある。
・繁殖は実生が一般的だが接木も可能。
・実生だと結実までに6〜8年かかる。
・生育は速く、条件が良ければ1年に2m伸びることもある。
・両性花をつけるが自家結実性は低い(1本だと実がなりにくい)。
・成木は-1℃で枯死する。

Modeled Distribution Map - Matisia cordata
モデル分布図 by Bioversity International

References:
- Fruits of warm climates (Julia F. Morton)
- The encyclopedia of fruit & nuts (Jules Janick, Robert E. Paull)
- New World Fruits Database (Bioversity International)
- Proceeding of the Florida Sta. Hort. Society Vol. 89 (William F. Whitman)
- Fruit Cultural Data (California Rare Fruit Growers, Inc.)

この調子だと他にもまだサポテと呼ばれる果物はありそうですね015.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-23 00:04 | サポテ(マミーサポテ)
Another sapote... その1
ずいぶん前にホセからコロンビアで撮った"サポテ"の木の写真をもらいました。当然マミーサポテの写真だろうと思っていたのですが・・・


Photo by José

どう見ても葉っぱが違います。アカテツ科(Sapotaceae)の仲間には見えません。フヨウだとかハナズオウだとかみたいな葉っぱをしてます。


Photo by José

幼果がたくさんついてますね。マミーサポテも果実は幹に直接つきます(幹生果)。でも形がやっぱり違います。


Photo by José

ちなみにマミーサポテは成木になると下の写真のようになるそうです。

マミーサポテ Mamey Sapote (Pouteria sapota)
マミーサポテ(Pouteria sapota) - Photo by I likE plants!

やっぱりぜんぜん違いますね。

いったいぜんたい君は誰だい?? 
ホセが勘違いしたのかなあ?039.gif

つづく
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-21 22:13 | サポテ(マミーサポテ)
今日のスターアップル
こちらはうちで育てているスターアップル(Chrysophyllum cainito)です。
d0116493_12384178.jpg
左側の背が高いほうが果皮が緑色のほうで、現在2才10ヶ月、背丈は鉢込み90cmくらいです。右側のぜんぜん育っていないほうが果皮が紫色のほうで、3才0ヶ月、45cmくらいです。

スターアップルも、ルクマやサポテ(マミーサポテ)やカニステルと同じアカテツ科(Sapotaceae)ですが、属が違います。

カタバミ科のスターフルーツ(ゴレンシ、Averrhoa carambola)と名前は似てますがまったく別のフルーツです034.gif
d0116493_13515964.jpg
スターアップルは、葉っぱの感じや脇芽をどんどん出すところはサポジラに似てますが、葉っぱの裏側を見れば違いは一目瞭然。
d0116493_135215.jpg
スターアップルの葉っぱの裏面にはビロードのような輝きがあります。

下の写真はフロリダ原産の"サテンリーフの木"(Chrysophyllum oliviforme)です。


Satin Leaf Tree (Chrysophyllum oliviforme)
Photo by SCCF nursery

近い仲間だけあって枝葉の感じはスターアップルにそっくりですね。こちらは果実よりもむしろ葉っぱや樹姿の美しさを楽しむために植えられることが多いようです。サテンリーフの木の果実も甘くて食べられますが、オリーブの実くらいの大きさにしかならないそうです027.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-20 20:51 | スターアップル
サポジラからチューインガムができるまで
サポジラで思い出しました。

今はかならずしもそうではないみたいですが、チューインガムのガムベースはサポジラの樹液(チクル)から作られます。サポジラの木からチクルを集める人はチクレロ(chiclero)と呼ばれるそうです。

チクレロたちがどんなところでどうやってチクルを集めて、それがどうやって最終的にチューインガムになるのかを紹介したサイトを見つけたので紹介しておきます001.gif

アメリカのガム会社のサイトで、英語のサイトですが、写真がメインなので説明は読まなくても大丈夫です。左下の"start"から矢印にそって写真をクリックしてってください。

http://www.gleegum.com/treetoglee/

うちのサポジラたちも、まだ発芽したてのころに樹皮をけずったらいっぱしにネバ〜っとガムが出てきました。おかげで寄せ接ぎには失敗。今は何ごともなかったかのように、ひと鉢に2本ずつ植わってます015.gif

昨今のガムベースのさまざまな原料→『ガムの原料 - 日本チューインガム協会
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-19 20:30 | サポジラ
今日のサポジラ
こちらはうちで育てているサポジラ(Manilkara zapota)です。
d0116493_22351674.jpg
もうそろそろ3歳になるというのにあいかわらずプラコップに植えっぱなし。。。

サポジラも、ルクマやサポテ(マミーサポテ)やカニステルと同じアカテツ科(Sapotaceae)ですが、属は違います。たしかに葉っぱの感じが違いますね。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-04-18 22:43 | サポジラ