<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
シャカトウの食べ方
南国フルーツと冬瓜ナイト』の続きです。

ランブータンの食べ方、マンゴスチンの食べ方につづいて、今回はシャカトウ(釈迦頭)の食べ方を動画でお送りします。


あまり難しいことは考えずに、手やナイフで割って、スプーンですくうか直接かじって食べる感じですね045.gif

今回のシャカトウも果肉がけっこうしっかりしてました。やっぱり大実タイプのシャカトウは果肉がトロトロにはならないのでしょうか? 酸味もあるし、チェリモヤに近いですね039.gif

つづく

[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-07-31 22:58 | バンレイシ(釈迦頭)
マンゴスチンの食べ方
南国フルーツと冬瓜ナイト』の続きです。

前回はランブータンの食べ方でしたが、今回はマンゴスチンの食べ方を、横浜の夜にぴったりなBGMとともにタイ人のメンバーに教わります037.gif


まずはマンゴスチンのお尻にある花弁模様をチェック。花弁が5つだったら中身も5ふさです。・・・と、この部分は食べ方とは関係がありません。

お尻の部分をポコッと押して、まわりの皮をむくだけです。

いろんなむきかたがあると思いますが、お試しあれ〜029.gif

つづく

[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-07-29 21:20 | マンゴスチン
ランブータンの面白い食べ方・・・渋皮を一緒に食べずにすみます
南国フルーツと冬瓜ナイト』の続きです。動画に初挑戦です!

ランブータンを食べるときに気になるのがタネのまわりの渋皮。かならずと言っていいほど果肉にくっついてきちゃうんですよね。今回、渋皮を一緒に食べずにすむ秘策(?)をタイ人のメンバーに教えてもらいました045.gif


枝(果柄)のついてた穴から下側の前歯を差し込んで、果肉を渋皮からはがすようにして食べていくのがポイントです。ちょびっとわかりづらいかもしれませんが、やってみたら結構うまくいったので、お試しあれ〜029.gif

やっぱりランブータン、好きだなあ。
プリプリもちもちで甘酸っぱくてクセがありません026.gif

つづく

[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-07-27 21:13 | ランブータン
ルクマの種子が発根!
まだ播種から9日しかたってませんが、殻をむいたほうはさっそく活動を開始したようです045.gif
d0116493_14363425.jpg
殻をむかなかったほうはまだ変化なし009.gif
d0116493_14364915.jpg

[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-07-27 14:35 | ルクマ
南国フルーツと冬瓜ナイト!
先週の日曜日のことです。地元の中華料理屋のおじさんからまた招集がかかりました。去年のトロピカルフルーツ・ナイトにつづき、今年は『南国フルーツと冬瓜ナイト』をやるとのこと。
d0116493_21342332.gif
今年も参加者は7人です。満席ですねと言ったら怒られました。「立てば入れる」015.gif

まずはひとしきり定食をいただきます。これが絶品なんです。あっさりしていて派手さはありませんが、一品一品がデリカシーにあふれています。中華なのに! そこもレポートしたいところですが本題からはずれるのでまた今度。

ついついご飯をおかわりして腹9分目くらいになってしまいマズいな〜と考えてたところに今夜の主役第一弾が登場。

じゃ〜ん!

d0116493_21342438.jpg冬瓜の器蒸しスープです。

恐竜の卵みたいですね037.gif
こんな巨大な冬瓜をどうやって蒸すのでしょう??

ちなみに表面に彫ってあるのは『歓迎光臨』の4文字です。頭の「歓」の字がこの写真だと隠れてしまってますが。中国語の「ようこそ!」とか「いらっしゃい〜」ですね。
d0116493_21342570.jpgうっは、おいしそう!

では、いっただっきま〜す!

うーん、これこれ! 
椎茸の出汁が冬瓜によくしみてます。
冬瓜スープって美味しいですよね〜。

子供のころに台湾の義兄宅でしばらくお世話になったときに晩ご飯のシメでお母さんがよく出してくれました。もちろん今回みたいな器蒸しではありませんでしたが。なつかしいなあ。最初はあまりの薄味にびっくりしましたが、じんわりとうまみが広がるんですよね。

そしてお待ちかねの主役第二弾登場。

じゃじゃ〜ん!!
d0116493_21342453.jpg
ランブータン、竜眼、マンゴー(宮崎産アーウィン)、ハミウリ(哈密瓜)、マンゴスチンにシャカトウ・・・やりすぎです! どう考えてもやりすぎです!!024.gif


[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-07-21 22:57 | その他
ルクマの種子をもらう! 〜ルクマの育て方〜
最近、ことあるごとにルクマルクマ言っていたら、なんと種子をいただいてしまいました!!070.gif
d0116493_1252917.jpg
チョコボールにしか見えません003.gif 1粒の大きさは2〜3cmくらいです。
d0116493_12521632.jpg
小粒で丸まっちいですが、おなか(?)のあたりの感じは、近い仲間(同じ属)のカニステルマミーサポテの種子にやっぱり似てますね026.gif
d0116493_12522531.jpg
片方は殻にヒビが入っていたので、むいてしまいました。カニステルやマミーサポテも殻を取ると発芽が早まりますものね034.gif 
d0116493_12523484.jpg
土にセット。芽が出てくれるといいなあ045.gif



ルクマ

ルクマ Lúcuma (Pouteria lucuma)
ルクマ Lúcuma (Pouteria lucuma)
Photo by By El Aderezo - Blog de Recetas de Cocina's photostream

学名:Pouteria lucuma (Ruiz & Pav.) Kuntze(アカテツ科)
(シノニム:Achras lucuma Ruiz & Pav.、Lucuma obovata Kunth)
  • 南米アンデス地域原産。
  • ケチュア語ではrucma、スペイン語ではlúcumaやlúcumoなど。
  • コロンビアやエクアドル、ペルー、チリ北部の高原地域で普通に見られる。
  • 標高1,500〜3,000mで一番普通だが、ペルーやチリでは低地でも栽培されている。
  • 耐寒性はレモンと同じくらい。霜に弱い。-5℃で枯死。
  • 根が深く、乾燥に強い。滞水や過湿に弱く、排水の良い土壌が必要。
  • 多少の塩分を含む土壌や、石灰質土壌、鉄分などの微量要素が欠乏した土壌でもOK。
  • 砂質や岩質の土地の植物だが、実つきが一番良いのは有機質に富んだ深い土壌。
  • 樹高は8〜15mになる。
  • 果肉はとても甘く、メープルシロップの味と香りがする。
  • 繁殖は実生か接木による。
  • 結実までは接木で3年、実生で5〜6年。
  • 種子は発芽がそろわない。通常25〜45日で発芽開始するが、90日かかることもある。

ルクマのモデル分布図
ルクマのモデル分布図
Bioversity International

References:

[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-07-17 22:20 | ルクマ
シャカトウの開花〜人工授粉
アテモヤにつづいてシャカトウの花が次つぎと咲きはじめました。去年、花は咲いたけど結実はしなかった沖縄のシャカトウ(現在3才3ヶ月)です。
d0116493_18131882.jpg
シャカトウは人工授粉しなくても実がつくそうですが、したほうが結実率が良いそうです。
d0116493_18131919.jpg
さて、結果やいかに039.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-07-04 22:40 | バンレイシ(釈迦頭)