マンゴーの幼果
先日初開花した、種から育てているマンゴー。
d0116493_16104857.jpg
ここ数日の強風が勝手に摘果してくれちゃいました。
豆つぶみたいな幼果はすべて吹き飛ばされ、一番大きいのだけ残りました。
大きいと言ってもまだ2.5cmくらいですけど。

なんとかこの1果は収穫までたどりついてくれるといいけど。
いや〜、ひやひやものですな042.gif
[PR]
# by papaya_gyunyu | 2013-07-07 21:11 | マンゴー(ピーチ実生)
ロンコンの種子
とりあえず水についけてとっておいたロンコンの種子・・・
d0116493_22201790.jpg
大きさは1〜2cm。多胚性ですね045.gif

さて、どうしようか・・・
d0116493_22201776.jpg
まいてしまいました・・・ 熱帯で8〜15年コース・・・028.gif
[PR]
# by papaya_gyunyu | 2013-07-02 22:50 | ロンコン(ランサ)
生果ライチ(ジャカパット種?)
ロンコンと一緒にライチもいただきました。

それがデカっ!!005.gif
d0116493_17395912.jpg
小ぶりのマンゴスチンに迫る大きさです。
タイのジャカパットという品種でしょうか039.gif
d0116493_17395957.jpg
そしてびっくりするほどジューシー。
甘味と酸味と香りのバランスが良くて、ライチジュースみたいです026.gif

うん、ウマい!!

今まで食べたライチのなかでだんぜん一番美味しいです。
ま、そもそもフレッシュライチを食べた経験が乏しいのですが011.gif

私は元来はランブータン派なのですが、今回一緒にもらったイジケ気味のランブータンとの勝負では残念ながらライチに軍配!038.gif
[PR]
# by papaya_gyunyu | 2013-06-30 21:20 | ライチ(レイシ)
ランサ/ドゥク/ロンコンの育て方
Lansium domesticum Corrêa
Meliaceae (センダン科)

ランサ(langsat)/ドゥク(duku)/ロンコン(longkong/dokong)
/ランソネス(lanzones)/ココサン(kokosan)/他

Dokong
Dokong
Photo by goosmurf

  • 繁殖は実生か接木。取木や挿木も可能だが難しい。

  • 種子は採りまきする。乾燥保存できない。70%遮光下で播種。

  • 種子は多胚性の場合が多く、実生でも形質は親に似る。

  • マレーシア西部の熱帯雨林出身で高温多湿を好むが、ランブータンやプラサンほどではない。

  • 最適温度25〜35℃、湿度70〜80%、年間雨量2,000〜3,000mm。

  • 有機質に富んだ肥沃で水はけの良い弱酸性の土がベスト。浅根性

  • 樹高は最大で30mくらいになるが、栽培下では5〜10m。

  • 耐寒性・・・冬場は最低6℃。CRFGによると2℃で障害、0℃で枯死。

  • 幼木のうち(6年以上)は半日陰で育てる。

  • 自家結実性がある(1本で実がなる)。

  • 生長は遅い。結実までは実生で8〜15年、接木で5〜9年、大枝の取木で2〜4年

幹生果だし、幹の感じがジャボチカバに似てるなあと思ったら、実がなるまでの年数もジャボチカバ並みかそれ以上ですね015.gif

References:

関連記事:

[PR]
# by papaya_gyunyu | 2013-06-29 23:29 | ロンコン(ランサ)
ランサとドゥクとロンコンの違い つづき
Lanzones (Lansium domesticum)
Lanzones (Lansium domesticum)
Photo by Evelyn Avila

  • ランサは甘いのから酸っぱいのまである。ドゥクは甘味も香りも強い。ロンコンは甘いないし甘酸っぱく香りが良い。

  • ランサは果皮が薄いがラテックス(乳白の樹脂)を含むので、むくときに手がベタベタする。ドゥクやロンコンでは気にならない。

  • ランサは1果に1〜3個の種子が入っている。ドゥクとロンコンは種子が無いことが多い。

  • ランサの木は縦に伸びるが、ドゥクは横に広がる。

References:

関連記事:

[PR]
# by papaya_gyunyu | 2013-06-29 22:26 | ロンコン(ランサ)