タグ:マンゴー ( 52 ) タグの人気記事
うちのピーチマンゴー
うちで種から育てているピーチマンゴー(ケンジントンプライド種)の近況です。

去年の11月に室内に取り込んだ時に撮った写真です。

実生ピーチマンゴー, Kensington Pride mango seedlings

発芽から2年が経ちました。一番背が高いのの身長が鉢上65cmくらいです。

左手前のは成長が遅いし葉っぱが変な風にカールしているので病気なのかなあ、もう捨てようかなあ、などと考えていたのですが、よくよく見て見たら・・・

コナカイガラムシがついた葉っぱ, a mango leaf with mealybugs

コナカイガラムシです! 
なんでこの株だけ葉先の葉脈が狙われるの??
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-01-28 00:10 | マンゴー(ピーチ実生)
ビーチマンゴーパイ
ついでにもう1つだけハワイのマンゴー関係ネタを。

ハワイに行く前(行ったのは去年の5月です)に友人からピーチマンゴーパイなるものがあると聞いていたのです。マクドナルドがハワイ限定&期間限定で出していると。

行ったらすぐに見つかりました。店にポスターが貼ってありました。

peach mango pie

もちろん即ゲット。
食べてみると・・・ お、うまい!!

peach mango pie

正直、マクドナルドだと思ってナメてました。
どうせピーチ+マンゴーなんじゃないの?くらいに思ってました。
ちゃんとマイルドかつ濃厚なピーチマンゴーの味がするのです!!

このマンゴーの濃厚さ、buttery(バターっぽい)と表現することもあるようですね。
これをいつも求めているのに、日本ではなかなか味わえません。
そろそろアーウィンを卒業しても良い時期だと思うのですが。

ちなみにピーチマンゴー(ケンジントンプライド種)はオーストラリア原産ですがハワイでも生産されているようです。ちゃんと本物のピーチマンゴーを使っているのか、ハワイ産のを使っているのか、店員さんに聞いてみれば良かった。

なにはともあれ断然いまさらな番外編でした。
さて、うちの実生ピーチマンゴー達はどうなっているかな?

ハワイのマンゴー関連記事:
大量に実をつけたマンゴーの木
アタウルフォ・マンゴー(Ataulfo mango)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-01-24 02:47 | マンゴー(ピーチ実生)
アタウルフォ・マンゴー(Ataulfo mango)
ハワイで見たマンゴーの木について書いたので、ついでにハワイで食べた(のにハワイ産ではない)マンゴーの話もアップします。

以前にカリフォルニア在住の"とまと姉さん"さんから美味しいとコメントがあって以来、ずっと食べてみたかったメキシコ産のアタウルフォ・マンゴーをハワイのスーパーで見つけたのです。

なんだか面白いですよね。シーズンオフだった(ハワイに行ったのは去年の5月下旬)とはいえマンゴーの産地のスーパーに輸入物のマンゴーが並んでいるとは。

何はともあれ、もちろん即ゲット!

Ataulfo mango

きれいなマンゴーイエローですね。右側のはちょびっと緑色がかってますが。

いい感じに柔らかくなっているので、さっそく切ってみると・・・あれ?!

Ataulfo mango damaged by refrigeration

果肉に黒っぽくなってる部分があります。スも入ってしまっているし、どう見ても正しい姿ではありません。明らかに低温障害ですね。流通過程で冷やし過ぎましたね。

念のため変色していない部分をなめてみましたが、すっぱ!(><)
バルサミコみたいな変な臭いもします。こりゃダメだろ〜。
泣く泣く廃棄処分。ガックシ。

・・・

ハワイ気分の余韻も薄れた6月のこと、たまたま行った渋谷で例によってデパ地下フルーツコーナーや果物屋をチェックしていると、なんとフレッシュ大和田でアタウルフォ・マンゴーを発見! もちろんさっそく購入。

Ataulfo mango

お店ではメキシコ産マンゴーとしか書かれていませんでしたが、この色、この形、間違いないですね。シールにURLが書いてあったのですが肝心なところがちぎれていて関連情報は得られず。

さてさてリベンジなるか・・・ぬぉっ!!

Ataulfo mango damaged by refrigeration

またです。
懲りずにまた念のため味見してみましたが、すっぱ!(><)
そしてまたバルサミコ臭が。。。

どうもアタウルフォ・マンゴーは冷蔵に弱いようです。輸入技術もまだ確立されていないのでしょうね。

業者のみなさん、アタウルフォ・マンゴーの美味しさをぜひ日本に届けてください!

以下は以前に調べた情報です。

☆アタウルフォ・マンゴー(英語的発音だったらアトルフォかな?)☆
・メキシコ南部のChiapas州出身の実生選抜品種。
・カラバオ(ペリカンマンゴー)の交雑種。
・甘味が強く濃厚で美味しい。
・繊維質が少なく口当たりがなめらか。
・実は小振りだが種が薄いので食べる部分は多い。
・アメリカでは"Champagne mango"や"Manila mango"の名前で売られることもある。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-01-21 14:47 | マンゴー(その他)
大量に実をつけたマンゴーの木
ハワイで撮ったパイナップルの写真を載せたので、ついでにマンゴーの木の写真も。

訪れたのが5月の下旬で、マンゴーのシーズンが始まる直前だったので、大量に実をつけた木がいたるところにありました。

↓これはオアフ島ノースショアの道沿いに生えていたマンゴーの大木。

マンゴーの木

文字通り鈴なりです!

マンゴーの木

下から見上げると壮観です。いったい何個あるのでしょうねー。何百はありますよね。1000個くらいあるのかな??

マンゴーの木の根元に落ちていた未熟果

実の大きさはペリカンマンゴーくらい。熟したら黄色くなりそうな感じ。地面には未熟のまま落ちてしまった実がいっぱいあります。

マンゴーの木

木の下にはニワトリの親子がいました。一番最初の全景写真の根元にもよく見ると小さく写っています。

マンゴーの木の根元にいたニワトリ親子

私なんかに構っているヒマは無いという感じで、親子でもくもくと地面をついばんでいました。葉っぱや果実がたくさん落ちて来るので餌となる虫もいっぱいいるのでしょう。それを食べた親子の糞が栄養となって、またたくさんの実がつくのでしょう。

↓こちらは別の木です。

マンゴーの木

拡大すると大きな赤い実が大量にぶらさがっているのが分かります。

マンゴーの木

アップルマンゴー系のようですね。

マンゴーの木はホノルルの街中でも普通にはえていました。

マンゴーの木

一家に一本は言い過ぎかもしれませんが、5軒に一本くらいはありそうなくらい。庭木として大人気ですね。

次回はぜひシーズン中に訪れたいものです。あ〜、おいしいマンゴーが食べたい・・・。

ハワイ関連の記事:
ハワイのトロピカルフルーツ!
ハワイのトロピカルフルーツ! 〜チェリモヤ編〜
ハワイのトロピカルフルーツ! 〜パンノキの実 編〜
ハワイのトロピカルフルーツ! 〜サポジラ編〜
ハワイのトロピカルフルーツ! 〜トゲバンレイシ編〜
ハワイのトロピカルフルーツ! 〜アボカド編〜
いろんな種類のパイナップル
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-01-19 10:51 | マンゴー(その他)
アルフォンソマンゴーの実生
マンゴーの王様、アルフォンソマンゴー。その種から育った王子たち(王位継承権はありません)はアザミウマにたかられてます。

アルフォンソマンゴー実生, Alphonso mango seedling

拡大すると・・・

アザミウマ, thrips

うひゃ〜、いっぱいいます(><)
気付いたらガムテープで取ったり水で流したりしてますが、いっこうに減りません。

他のマンゴーたちもそうですが、新芽はホコリダニコナカイガラムシにたかられ、葉っぱはアザミウマにたかられます。なんとも敵が多いですなあ。困ったものです。

でもホコリダニにかんしては『粘着くん』を毎日のように新芽に吹きかけてたらとりあえずおさまったようです。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-07-13 20:47 | マンゴー(アルフォンソ実生)
マンゴーの新梢とホコリダニ
ホコリダニ(たぶん)に襲われている新梢の写真です。

マンゴーの新梢とホコリダニ,

もともとの生長点を枯らされてしまったので、すぐ脇からまた新梢を伸ばし始めたのですが、ふたたび襲われてます。新葉がうまく開いていないのはそのせいです。

ハダニよりぜんぜん小さい(0.2mmくらいらしい)だけでなく色も透明〜白なので、肉眼でぎりぎり見えるか見えないか。最初は全然気付きませんでした。なんで新芽がことごとく枯れるんだろうなあと不思議でした。

たとえば新葉の部分を拡大してみると・・・

マンゴーの新梢とホコリダニ,

丸印をつけたところにいるやつが一番大きくて分かりやすいですね。それ以外の白っぽいツブツブも全部そうです。けっこうウヨウヨ歩き回ります。

こんなふうに被害にあった新葉は大きくなっても傷跡は残ったままです。下の写真の葉っぱみたいに。

ホコリダニの被害,

毎日洗ってやれば生長点の枯れは防げますが、いなくなってはくれません。本当に困りものです。。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-02-25 02:00 | マンゴー(アルフォンソ実生)
アニキ
こちらはメキシコ産マンゴー(キーツ種)のタネから育った子です。うちのマンゴーたちの中では一番年長です。とはいってもまだ2才にもなってませんが。タネから育てたマンゴーに実がなるには最低でも5〜6年かかるそうなので、まだまだ先は長いですね。


現在の身長は60cm。状態は良いほうですが、他のマンゴーたちと同じく、新芽をことごとくホコリダニにやられて成長がとどこおっています。先の方が3本に枝分かれしているのですが、そうなった原因もホコリダニです。成長点をやられたために側枝が出て来たのです。

ホコリダニが集中する成長点付近を水で洗い流せば、数日間は被害がやわらぎますが、根本的な解決にはなりません。なにせマンゴーはいっぱいいるので、全員を週に何度も水洗いしてられません。

むー、どげんかせんといかん。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-25 23:44 | マンゴー(キーツ実生)
リストラ・・・
タイ産マンゴーのタネから育った子です。去年の6月に食べた、例の(といっても覚えている人なんているわけないだろー!)ジャンボナムドクマイです。


身長は18cmしかありません。茎も細すぎ。むー、今回もやはりそうかー。成長が悪いのはホコリダニのせいだけではありません。すでに何度目かのチャレンジなのですが、ナムドクマイ種の実生(タネから育てた苗)は、いつもこうなんです。

やっぱりタネに問題があるんだろうな。輸出時の蒸熱殺虫の影響なのか、運んでくる時の冷蔵による低温障害なのか。

この状態から盛り返すことは経験上ありません。

最近、せまい温室内はすでに満員電車状態なのに、アボカドやランブータンが大量に芽を出してものすごい勢いで成長しつつあります。温室のそと(部屋の中)も、パパイアやらスターフルーツやらパイナップルやらですでにジャングル状態です。

すまん!リタイヤしてくれ!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-25 23:14 | マンゴー(ナムドクマイ実生)
王子たちの近況


マンゴーの王様と呼ばれるアルフォンソマンゴーの種から育った子たちの近況です。あいかわらずヒョロヒョロしています。でも弱々しい感じはありません。他のマンゴーたちとくらべて葉っぱが長いので、スラっとしてて手足が長いイメージです。一番、背が高い子の身長は現在65cmです。

最近、他のマンゴーたちもそうなのですが、新芽をことごとくホコリダニに襲われて成長がいちじるしくとどこおっています。コーレーグースー(唐辛子の焼酎づけ)をかけたりもしましたがダメです。最近は水でこまめに洗い流すようにしていますが、一向に被害がおさまりません。むー、困った。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-21 00:03 | マンゴー(アルフォンソ実生)
マンゴーの新芽とコナカイガラムシ
コナカイガラムシと記念撮影・・・なんて悠長なことは言ってられません。

マンゴーの新芽とコナカイガラムシ, mango bud with mealybugs

葉脈や茎にもつきますが、新芽についたのがやっかい。細かいところに入り込むので、やっつけようとすると芽を傷めてしまいます。ほうっておくと芽を枯らして生長を止めてしまいます。水で洗い流したりもするのですが、気付くとまた取りついてます。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-01-20 00:20 | マンゴー(ピーチ実生)