タマリロを食べる!
屋久島で熱帯果樹園をやっているgaraさん(ブログ→『島の果樹園』)から届いたトロピカルフルーツボックスの"食べる篇"の続きです。

今回はタマリロです。

タマリロは、トマトノキや木立ちトマトとも呼ばれます。アンデス出身のトマトの仲間(ナス属)ですが最大で6mくらいの"木"になります。以前の記事に産地の写真があります。スペイン語では tomate de árbol、英語では tree tomato などと呼ばれています。どちらも意味は同じですね。

こちらが今回届いたタマリロです。
d0116493_14263248.jpg
タマリロはいろんな色(黄〜赤〜紫)のがありますが、これはストライプ模様も入ってますね。大きさはSサイズの卵がスリムになったくらいです。

半分に切ってみました。
d0116493_14263564.jpg
皮はトマトより厚くてしっかりしてますが、中身は似た感じですね。スプーンですくって食べることにします。

では、いっただっきま〜す!

ふむふむ。

あ、たしかにトマトの味がします。
でも味が濃い! 酸味とうまみがトマトより強いんです。
さらにトマトにはないフルーティーな甘酸っぱさがあります。
そして青臭さが無い!

これはうまい!!

うん、トマトよりも美味しい。

マイナーなフルーツの味を積極的には好まないうちの嫁さんも珍しく同意見でした。
これは日本でももっと普及して良いはずです!

酸味とうまみがトマトより強いということは、加熱調理しても美味しいだろうと思います。売ってるホールトマトやパッサート(ピューレ)なんかだとわざわざクエン酸を加えて酸味を強化してあったりしますからね。むー、これでソースを作ってピザとかにしたらうまいだろうな〜。

唯一の難点は皮がかたいことですね。そのぶん傷みにくいので良い面でもあるのですが、やはりトマトのようにまるごとパッと切ってサラダにして食べるというわけにはいきません。これは大きいでしょうね。加工するときにも皮むきが課題になるだろうと思います。まあトマトだって湯むきするので、どちらが楽かという話ですが。

タマリロはスーパーとかでもたまにニュージーランド産のを見かけます。種類によって少しずつ味が違うようなので、みなさんも機会があったらぜひ食べてみてください。そして感想を聞かせてください!

関連記事:
・『トロピカルフルーツボックスが届く!!』(2009-09-22)
・『グァバを食べる!』(2009-10-02)
・『ドラゴンフルーツを食べる!』(2009-10-27)
・『イエローストロベリーグァバを食べる!』(2009-10-28)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-10-29 22:18 | タマリロ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< キヤニモモの種子をもらう! ポポーの果実をゲット! >>