ランブータンの発芽
こちらは『南国フルーツと冬瓜ナイト』で食べたランブータンの種子です。
d0116493_21433846.jpg
7月12日に種まきしました。

7月20日(8日目)に発芽がはじまりました。
d0116493_21433896.jpg
さすが保存がきかないランブータンの種子だけあって発芽もはやいですね。

下の写真は本日8月8日(27日目)の様子です。
d0116493_21433931.jpg
一番背が高いので樹高13cmくらいです。

今回は5個まいて結局3つしか発芽しませんでした。前回もそうでしたが、やっぱり有機物たっぷりの土にまくと腐りやすいようですね。イキの良いのだけ残ってくれるのでそのほうが私としては都合が良いですが、発芽をそろえたい場合は有機物無しの土にまいたほうが良さそうです034.gif

ちなみにこちらが前回(去年)まいたやつです。
d0116493_21433912.jpg
現在1才1ヶ月、樹高は45cmくらいです。夏にはいって急に大きな葉っぱを出しはじめました。やはりランブータンは高温&多湿が大好きなのですね026.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2011-08-08 22:20 | ランブータン† | Comments(8)
Commented by Reveille at 2011-08-09 12:29 x
おおっ、見事な成長ぶり。適温・適湿では育ちが良いですね。
土も良いのでしょうか。どんな土ですか?
この葉は小さい時はアテモヤに似ていますね。
Commented by パパイア牛乳 at 2011-08-09 21:40 x
> Reveilleさん
この暑さのなか嬉しそうに成長してくれるので見てて楽しいです。
土は最近は赤玉とバーク堆肥だけです(7:3くらい)。
今まではいろいろ凝って試してましたが植え替えが追いつかないので超シンプルにしました。
それがむしろ良かったかな? (^-^;)
あ、たしかに言われてみれば小さいときの葉っぱアテモヤに似てますね!
Commented by Reveille at 2011-08-11 00:13 x
赤玉とバーク堆肥でしたか。なるほど。何だか良さそうな感じですね。我が家ではアテモヤをピートモス(やや粗め)のみで育てているのですが、これも発育がなかなか良いです。今度、鉢上げの時、用土を何にしようかと思っておりました。なるほどバーク堆肥は良さそうですね。うちも真似っこさせていただきます。(笑)
Commented by パパイア牛乳 at 2011-08-12 23:49 x
> Reveilleさん
え〜っ! ピートモス単体でも育つんですか?!
もちろん酸度調整済みのやつですよね??
いつもながらReveilleさんの実験には面白びっくりです。
これからも楽しみにしてます!
Commented by Carlos at 2011-08-23 06:35 x
初めまして。タイのチェンマイで熱帯果樹を栽培している日本人です。横浜で熱帯果樹栽培との話、いつも興味深く拝見しております。私も日本にいた時はランブータンやマンゴスチンを実生で育てた事があります。
話は変わりますが、「図説 熱帯の果樹(養賢堂)」に、ランブータンは実生すると雄株が発生する事があるなんて記載がありましたが、ランブータンの雄株って見た事はありますでしょうか??別の文献を見ていると雌雄同株または異株なんて曖昧な話があり、どうもはっきりしません。うちの実生樹がどっちなのかも気になります。一体事実関係はどうなのでしょう??
Commented by パパイア牛乳 at 2011-08-30 21:09 x
> Carlosさん
はじめまして。
おお〜、チェンマイで熱帯果樹栽培とは夢のようですね!
まさかそんな日本人の方がいらしたとは。ぜひいつか遊びに行かせてください!

ランブータンについては、雄株と雌株と両性株があって、両性株にもいろいろあって・・・という話だったと思います。どこかに詳しく書いてあったのですが今パッとソースが出てきません。また出てきたら追記しますね。

いつも参照しているJulia Morton先生の文献には、実生したときの雌株の発生割合は雄株4〜7本に1本で、さらにその雌株のうちそれなりの収量をあげるものは5%に満たない・・・というような目を背けたくなるようなことが書かれています。タイであれば雄株だったら接木をすれば良いかもしれませんが、日本ではそう簡単にはいきません。。。

でも最近は商業栽培では両性の品種が使われることが多く、それを実生するとけっこうな確率でまた両性株が発生すると、これもどこか別のところに書かれていたので、そういうこともあるかもしれないとちょびっと期待してます。これもソースを調べて追記しますね。
Commented by Carlos at 2011-08-31 13:25 x
お返事ありがとうございます。いやーランブータンの実生苗はなかなか厳しそうですねー。たとえ結実しても何年もかかるだろうし、市内の園芸市場で接木苗を40バーツ(約110円)で買ってきた方が早そうですね。
我が家はチェンマイの南の郊外にあり、周辺はラムヤイ(リュウガン)の畑の多い所で、各家庭の庭にはマンゴーやパパイヤ、ノイナー(バンレイシ)などの果樹も見られます。我が家ではリュウガンとパパイヤがありますが、カミさんも果樹好きの為、これから他にもあれこれ植える事になるでしょう。
私は日本にいた時、熱帯果樹の実地観察で休暇の際には東南アジアや中南米方面(スペイン語も話せます)に出かけていましたが、チェンマイで人のつながりが出来、それを皮切りに結婚とマイホームまで手にしてしまいました。
チェンマイにおこしの際はご一報下さい。案内します。
Commented by パパイア牛乳 at 2011-11-08 21:30 x
> Carlosさん
ランブータンの接木苗が110円!?
さすが本場。素晴らしいですね!
ご夫婦で果樹好きならこれから楽しみですね。
お名前からしてスペイン語圏に強そうだなと思ったらやはり。
中南米のフルーツにはうといのでぜひご指南ください!
それにしてもタイの洪水は大変なことになってしまっていますね。心配です。
チェンマイのほうは大丈夫でしょうけど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< マンゴスチンの発芽 グァバの成長 >>