ジャックフルーツにつぼみが!!
鉢植えジャックフルーツが着蕾

おどろきました。
完全に気を抜いてました042.gif

ジャックフルーツは2鉢育てています。2007年から育てているインドネシア産と2008年から育てているマダガスカル産です。そのマダガスカル産のほうです。

タネから育てはじめてもう8年9ヶ月も経ってたのですね。
そりゃ自分も年とるわけだ059.gif

今は10号鉢に植わってます。
というか、記憶にある限りずっと・・・

つぼみがついたのは高さ150cmくらいのところです。

全樹高というか、全長は4mくらい?? 魚がかかった釣り竿のようにビニョーンと弧を描いて育ちゃってるもので、全体像を写真におさめることができません025.gif

でも結実に成功した実生マンゴーもまるっきり同じ育ち方でしたので、むしろ実生果樹を開花させるコツなのか?!


さて、つぼみは2つ。同じ枝についてます。

鉢植えジャックフルーツの蕾その1 雄花?

鉢植えジャックフルーツの蕾その2 雌花?

うまく雄花と雌花だったら最高なのですがね〜039.gif


ざっと調べてみました027.gif

ジャックフルーツは・・・
  • 雌雄同株で自家和合性がある(=1本の木で実がなる)
  • 雄花と雌花はべつべつに咲く。
  • 受粉しないと結実しない。
  • 雄花と雌花は見たかんじ似ている。
  • 雄花より雌花のほうが大きくて根本(花柄)も太い。
  • 雄花のほうが枝の先のほうにつきがち。


まあこれだけ熱帯果樹の鉢植え栽培暦も長くなりますとね、花がついてからも、結実&収穫に成功するまでの道のりは長いと、よくよく存じております003.gif


References:


[PR]
by papaya_gyunyu | 2017-07-14 00:00 | ジャックフルーツ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鉢植えジャックフルーツが初開花... 『おいしい珈琲を自宅で淹れる本... >>