タグ:チェリモヤ ( 26 ) タグの人気記事
チェリモヤが開花
チェリモヤの花(♀ステージ)

とりあえずまた人工授粉を試みてみます001.gif


仕切り線


[PR]
by papaya_gyunyu | 2018-06-16 22:37 | チェリモヤ | Comments(0)
チェリモヤのつぼみ
チェリモヤのつぼみ

3年前から毎年ちょびちょび花をつけてます。でもまだ一度も授粉に成功してません。。。

気づくと咲き終わっちゃってたり。チャンスが1日しかないってのがなかなかのハードルです025.gif

数えてみるとチェリモヤは5鉢ありました。10.5cmポットにずーっと植わったままになっているものから、10号鉢の大株まで。

花が咲くのは10号鉢のやつです。2007年の暮れに食べた和歌山産チェリモヤのタネから育ったやつじゃないかな。だとすると現在10才。背丈は160cmくらいで意外とコンパクト。花が咲くようになって樹勢が落ちついたようですね。

近縁種のシャカトウは10号鉢で毎年大量に花をつけてますが、シャカトウよりもおおぶりなチェリモヤは最低10号鉢って感じですね。

仕切り線

ちなみにうちではチェリモヤの大株は屋外に出しっぱなしで冬越しさせているのですが、ぜんぜん平気ですね。今年1月の寒波も問題なく。

日本の落葉樹と同じように、秋になると自分で葉を落として冬の寒さをしのぎ、また春になると元気に芽ぶきます。落葉のプロセスに迷いがないから安心してみてられます001.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2018-06-09 10:37 | チェリモヤ | Comments(2)
種から育てたチェリモヤに初めて花が咲きました。
鉢植えチェリモヤの花

一輪だけ・・・いや、一輪て感じじゃないか。
一つだけ・・・いや、見ためが地味だからって、一輪は一輪だよね!045.gif

仕切り線

2007年の暮れに食べた和歌山産チェリモヤのタネから育ったやつだと思います。だとすると現在7才ですね。名札が消えてしまってるので、たぶんですけど。

いちおう人工授粉をためしてみよう。
念のため・・・念のためね!070.gif
[PR]
by papaya_gyunyu | 2015-09-05 18:00 | チェリモヤ | Comments(0)
チリ産チェリモヤ
チリ産のチェリモヤのその後です。発芽から1ヶ月がたち、いい感じにはえそろいました。

チリ産チェリモヤ実生

背丈は6〜8cmくらい。もう植え替えなきゃね。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2009-01-07 17:01 | チェリモヤ | Comments(2)
さらにチェリモヤを接木!(寄せ接ぎ)
1年前に食べた和歌山産のチェリモヤ(品種はホワイト)の種から育ててた苗も今いち成長がパッとしない。

チェリモヤ(ホワイト実生)

シャカトウの苗はまだあまっています。というわけで、またまた寄せ接ぎ!

チェリモヤ(ホワイト実生)

これも実際に作業をおこなったのは10月です。アップがかなり遅れてしまいましたが。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-12-27 01:35 | チェリモヤ | Comments(0)
チェリモヤを接木する!(寄せ接ぎ)
さかのぼって10月の話です。

シャカトウ(シュガーアップル)たちについて前回書きました(記事はこちら)が、じつはあれ以外にも"先輩"には兄弟がいたのです。

これです。

放置されていたシャカトウの苗

発芽がじゃっかん遅れたために植え替えられることなく、バーミキュライトのみの種床に1年以上も放置されたシャカトウ4匹です。去年(2007年)の9月の写真(記事はこちら)を見ると右前に写ってます。

元気が良かったので、その後も捨てるに捨てられずに油粕と水だけあげていたのです。葉っぱが少し枯れ込んだり黄色くなったりはしましたが、それでも草丈60cmくらいにまで伸びました。

でも寒くなってベランダにいる植物たちを大量に室内に取り込むことを考えると、これ以上このまま残しておくわけにはいきません。

ふと横を見ると、やる気のないチェリモヤが・・・

カリフォルニア産チェリモヤの実生苗

去年の4月に発芽して以来、ずっと成長がいまいちだった、"正しいチェリモヤ"と呼んでいたやつです。カリフォルニア産のチェリモヤの種から育ったやつです。主枝はだらしなく垂れ下がり、変なところから出て来た側枝が上に伸びています。

草丈は1年半でようやく40cmちょっと。土が悪かったのか、管理が悪かったのか、いきなり大きな鉢(8号鉢)に植えたのが悪かったのか。。。

そこで思いついたのが、そう、寄せ接ぎです! 

ブラッドオレンジで試したらあまりに簡単にうまくいった(記事はこちら)ので、チェリモヤでも試してみたいと思います。こんなチェリモヤでもシャカトウの根っ子が付け加われば少しはやる気を出すでしょう。

というわけでさっそくチェリモヤの根元に穴を掘ります。

チェリモヤの根元に穴を掘る


そして先ほどのシャカトウの苗を1本、チェリモヤの根元に植え付けて寄植えにします。

シャカトウを植え付ける


くっつける部分(接合面)を削ります。

接合面を削る

もちろんチェリモヤ側とシャカトウ側の両方です。

本やネットで調べると"形成層を出す"と書いてありますが、それでは植物学や園芸学の素養がない私にはピンときません。でもジャボチカバ農園のヨネさん(農園を訪問した時の記事はこちら)から「ナイフの背中とかでしごいて表皮を削るだけでいいんだ」と教えていただいてました。軽く薄皮一枚はいで緑色の部分が出るようにするだけです。

接合面が削れたら、くっつけます。

セロテープで結束

まずは接合面がずれないようにセロテープで3箇所を結束。

それから接木テープでぐるぐる巻きにします。

接木テープで結束

接木テープなどわざわざ使わずにセロテープでぐるぐる巻きにしてもいいみたいですけどね。

完成です!

接合面の癒合を待つ

ごちゃごちゃして分かりづらいですが、上と下に伸びてるのがチェリモヤで、横向きに伸びてるのがシャカトウです。

あとは接合面がくっつく(癒合する)のを待つのみです。来年の春くらいまで待てばいいかな。くっついたら台木(今回の場合はシャカトウ)の上半身(接合面から上)を切ってしまえば寄せ接ぎ完了です。チェリモヤにシャカトウの根っ子が付け加わった形になります。本来の寄せ接ぎでは穂木(今回の場合はチェリモヤ)の下半身(接合面から下)も切ってしまうのでしょうけど。

うまくくっつくといいなあ。ま、失敗しても枯れてしまうわけではないので、何回でもやり直せます。それが寄せ接ぎの良いところです。じつに素人フレンドリーな接木方法ですね。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-12-21 03:15 | チェリモヤ | Comments(2)
チェリモヤの発芽
いま見たら、この前まいたチリ産のチェリモヤ(トゲバンレイシの味がしたやつ)の種が発芽してました。

チリ産チェリモヤ実生

この写真には1匹しか写ってませんが、他もちらほら芽を出しかけてるので、生えそろいは良さそうだな。

かなり早く発芽したように感じたけど、それでもやっぱり4週間近くかかってるのね。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-12-09 01:00 | チェリモヤ | Comments(0)
チリ産のチェリモヤを食べる!
またチェリモヤを食べた話です。だいぶ前(先月)の話ですが。。。

近所のスーパーのフルーツコーナーをチェックしたらチリ産のチェリモヤが398円。見るからに不健康そうなのですが、この値段じゃ買ってあげなきゃ南米からはるばるやってきたチェリモヤが可哀想だと思い、買ってしまいました。。。

↓これが購入当日(11月2日)の写真です。顔色悪いですね〜。

チリ産チェリモヤ

ついでにゲットしたバナナとドラゴンフルーツのほうが美味しそう。

↓一日たったらさらにヒドいことに。。。

チリ産チェリモヤ

よくよく見るとわずかにカビが生え始めてます!

品種は何なのでしょうねえ。チリではコンチャリサ(Concha Lisa)とブロンシーダ(Bronceada)が主力品種のようですが。

↓反対を向けるとこんな感じ。結構、果皮のツブツブ(突起)が目立ちますね。

チリ産チェリモヤ

果皮が茶色だからブロンシーダ?? って、ただ低温障害で茶色くなってしまっただけですよね。。。

なにはともあれ、そくざに解剖することに。まともに食べれることはこの時点でほぼあきらめてます。

チリ産チェリモヤ

やっぱり中も傷んでました。というより半分腐ってます。わずかに食べられそうな白い部分もありますが、たいていこういう時っておいしくないんですよねー。でもそのまま捨てるのもなんなので、勇気を出して一口。

パクっ・・・ おおっ?! うっ、うまい!!
でもこりゃあトゲバンレイシ(soursop)の味じゃあないですか!!
これこれ、この味、食べたかったんだよ〜。
うん、このクセになる甘酸っぱい風味、間違いない!!

むー、こんなチェリモヤもあるんですね〜。
同じバンレイシ属(Annona)とは言え、ビックリです。
食べられる部分はほとんどありませんでしたが、うれしい誤算。

例によって種はいっぱいとれました。

チリ産チェリモヤ

よっしゃ、まいとこー!
チェリモヤとしてというよりはむしろトゲバンレイシもどきとして(笑)
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-12-04 00:16 | チェリモヤ | Comments(0)
和歌山産のチェリモヤふたたび!
だいぶブログの更新をサボってしまっているのでキャッチアップです。

去年につづき今年も和歌山産のチェリモヤを注文しました。去年はホワイト(White)という品種でしたが、今年はエルバンポ(El Bumpo)という品種をたのんでみました。

そしてこれが10月7日に届いたチェリモヤです。

和歌山産チェリモヤ(エルバンポ)、Cherimoya 'El Bumpo' produced in Wakayama, Japan

おお、ほんとに名前のとおり果皮にボコボコ(bumpo)がありますね〜。名前がスペイン語なので中南米の品種なのかと思ったらカリフォルニア出身の品種ようです(カリフォルニアでスペイン語なら不思議じゃないか)。

一番大きいのの重さを計ってみると・・・

和歌山産チェリモヤ(エルバンポ)、Cherimoya 'El Bumpo' produced in Wakayama, Japan

500gオーバーです(針が一周してしまっています)。なかなかに立派なサイズですね〜。まだ追熟前なのに甘〜いにおいがするので味も期待大です!

こちらは10月12日の写真。

和歌山産チェリモヤ(エルバンポ)、Cherimoya 'El Bumpo' produced in Wakayama, Japan

いい感じの色になりました。よし、食べてみよう!

和歌山産チェリモヤ(エルバンポ)、Cherimoya 'El Bumpo' produced in Wakayama, Japan

いっただっきま〜す!!

ふむふむ、ふむふむ。
味は甘いヨーグルト系です。
舌触りがとてもなめらか!
チェリモヤ特有の梨のようなシャリシャリをほとんど感じません。
甘味や酸味も去年のホワイトよりも抑えめで全体的に上品な感じ。
見た目はちょびっとワイルドなのに意外です。
外見からでは中身は分からないものですね(^^)

種の数は思ったほど多くない。

和歌山産チェリモヤ(エルバンポ)、Cherimoya 'El Bumpo' produced in Wakayama, Japan

すでに発根している気が早いのもいます。チェリモヤではたまにあるようですね。

さてさて、来年はどの品種を注文しますかね〜。
なあんて、気が早いのはどっちだか。。。
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-12-01 00:47 | チェリモヤ | Comments(2)
チェリモヤの産地ごとの味の特徴
ハワイ産のチェリモヤの味について書いたので、良い機会なので、とりあえず今までに食べたチェリモヤの産地ごとの味の特徴をまとめておこうと思います。

☆カリフォルニア産(品種:ベイズ?)

 カリフォルニア産チェリモヤ

 甘味:中、酸味:少、クリーミーさ:大、上品なアイスクリームみたい

☆和歌山産(品種:ホワイト)

 和歌山産チェリモヤ

 甘味:大、酸味:大、クリーミーさ:中、甘いヨーグルトみたい

☆ハワイ産(品種:不明)

 ハワイ産チェリモヤ

  甘味:大、酸味:大、クリーミーさ:少、洋梨みたい

今のところ個人的にはカリフォルニア産が好評価です。今までに何個か食べてるけど、いつも似た印象です。

とは言っても生まれてこのかたまだ全部で8個くらいしか食べてないので、まったくあてにはなりません。同じ産地でも当然いろんな品種があるでしょうしね。

もし「いや、そんな味じゃなかった!」などなどありましたら、ぜひ教えてください!
[PR]
by papaya_gyunyu | 2008-06-11 20:38 | チェリモヤ | Comments(6)